acf4e65c.jpg14日は長居陸上でのセレッソ×カターレ戦へ。

東京からみのさんも来られて、ご一緒させていただきました。

この日の布陣は主力が大量復帰であったが。

   小松
 香川  乾
石神     酒本
黒木 マルチネス
羽田 チアゴ 前田
   金鎮鉉
(控え)
多田、藤本、平島、濱田、西澤

開始早々、チアゴ選手のマークの甘さから裏をとられ、GKと一対一。金鎮鉉選手は溜まらずチャージがファウルを取られ、一発退場。そしてPKを決められ先制。
GKがいなくなったので、以下の布陣に。

   小松
 香川   乾
 黒木 マルチネス
石神      酒本
 チアゴ  前田
   多田
(控え)
藤本、平島、濱田、西澤

前半、この布陣で凌いで、後半一気に攻勢かけるはずプランでしたが、前半40分にマルチネス選手がこの日2枚目の警告で退場で、9人対11人に。マルチネス選手1枚目は「異議申し立て」で軽率だったと思う。
確かにチアゴ、マルチネス両選手ともに負傷上がりで試合カンがないというのもあっただろうが、プロはそれは言い訳にできない。

で、この布陣に(汗)
   
  香川  乾
  黒木  藤本
石神      酒本
 チアゴ  前田
    多田
(控え)
平島、濱田、西澤

そして後半15分過ぎにセットプレーから2失点目。0−2。数的不利(2人足らない)中でのセットプレーはキツい。これは仕方がない。
しかし数的不利の中、2点ビハインドで敗色濃厚かと思われましたが、ここからセレッソが香川、乾両選手を軸に怒濤の波状攻撃。セットプレーではCBの2選手も積極的に参加。
そして後半24分にセットプレーからチアゴ選手がゴールに押し込み、1対2。
さらに後半30分手前に3人目として西澤選手を登場させ、さらなる攻勢を。

    西澤
  香川  乾
石神  黒木  藤本
 チアゴ  前田
    多田
(控え)
平島、濱田

他のチームなら、3人目は中盤より後ろの選手になったかと思う。同点を狙っていたかと思う。
セレッソはそうではなく、攻撃スタイルを。よく云われるセレッソの”藝風”を貫きました。
そしてその数分後に、黒木選手の同点ゴールが飛び出し、スタンドは割れんばかりの狂喜ぶりであった。

e6394af4.jpg


さらに勝ち越しゴールを狙ったのですが、最後はカウンターからカターレに3点目を決められてしまいました。
カウンターからでしたが、2バックの右サイド前田選手の寄せが甘かった。脚攣ってもおかしくないほどの激走だったことが影響したのかと思います。

試合後、一定しない笛を吹いた審判団が退場するとき、激しいブーイングに対し、最後までスペクタクルな攻撃を見せ、走りきった選手たちに、ホームのスタンドでは拍手喝采でした。

33fed638.jpg



◆6月14日 大阪長居スタジアム(長居陸上競技場)

C大阪 2−3 富山
(前半0−1)
(後半2−2)

【得点者】石田、舩津、朝日(富山)チアゴ、黒木(C大阪)

リンク:試合結果@J's GOAL