桂三枝師が、田辺寄席の35周年&500回記念公演に出演。
第500回のトリをとられたようで。

三枝師のブログには高座の前に、田辺寄席会場の大阪市立阿倍野青年センター内の桃ヶ池を臨む庭にて寛いでいる様子が掲載されてました。
この日の大阪は小雨が降ったりしましたが、日が差しているようですね。
雨はもったか。

おそらく高額ギャラの三枝師なので、出演されることになったのは、地域寄席では普通なら呼べないはずだが、弟弟子の文太師への労いと、上方落語協会会長としての責務と、そして35年にわたって生の落語を発信しつづけてきた田辺寄席に対する敬意があったのでしょう。
#もちろんギャランティとしても大幅に協力されたのかと思います。


リンク:
阿倍野区青少年センター@席亭桂三枝の落語的日常
田辺寄席@席亭桂三枝の落語的日常