大阪近鉄OBである山本省吾、岩隈久志の先発対決。
試合は3対3で迎えた8回表にイーグルスは山崎武司選手の適時打で1点を勝ち越すと、続く9回には相手投手の乱調もあって、一挙4点。駄目を押したかに見えましたが、その裏、抑えの福盛投手が捕まり、2点を返され、なおもビンチ。しかし最後は強力打線を抑え、凌ぎきりました。
岩隈投手は6連勝で今季12勝目。山本投手は10勝目ならず。

d406faf2.jpg


◆9月9日 京セラドーム大阪

オリックス・バファローズ 5−8 イーグルス