fd70ab98.jpg先週日曜日(13日)は岡山でのJリーグ観戦も兼ねて、香川県方面で車で遠出。

朝、遅い目に大阪を出発。
阪神高速神戸線から第二神明を経て、明石海峡大橋を渡る。
出たのが遅かったこともあり、渋滞には巻き込まれずスイスイ。

9aab99f1.jpg


明石大橋から淡路島を縦断。大鳴門橋を渡り、神戸淡路鳴門自動車道は鳴門インターから高松自動車道を渡り香川県へ。

高知県、愛媛県へ行くには、鳴門インターで降り、国道11号のバイパスを経て、徳島インターから徳島自動車道に入るほうが近かったはず。

高松自動車道の香川県の東半分は、片側1車線。
そのため、遅い車が前にいると、大行列に。高速道路はやはり片側2車線ほしい。

昼は「津田の松原SA」で済ませました。
高台にあるSAは、瀬戸内海を大きく見渡せる眺望。多くの休憩客でごった返していました。

食べたのはセルフ式のうどん。
自分でうどんまで湯がく方式。

77038298.jpg


1、うどん(並、大盛り)が盛った鉢が棚においてあるので、それを取る。
  ざるうどんは別に注文。
2,1でとったうどんを湯がく。鉢のうどんをデボ(取っ手のついた金ザル)に受け湯がく。前には注意書きがあり「5〜6回湯がけばよい」とあり、初心者にもわかりやすい。
3.具(追加料金)を別の皿に取り、精算。素うどんの場合はネギだけかければよい。
4.精算後、出汁をかける。出汁はサーバーに入れてあって、まるで生ビールを注ぐが如く、鉢に出汁を入れる。

県内の製麺所で食べるのとは違い、それなりの料金はかかったが、高速道路のSAで本格的なセルフ式うどんが味わえました。うどんは機械打ちだろうが、しっかりした腰のある太い麺でした。

372dccac.jpg


出汁も旨かった。非常に満足しましたた。
「あなぶき屋」は香川県なので穴吹工務店との関係のあるお店やと思いますが、大阪にも店出してくれないかと思いました。

その後は再び、高松道を西へ。1時間ほど走るか走らないかで着いたのが琴平町。
「こんぴらさん」に詣でました。

3ae4e2f0.jpg


JR琴平駅近くに車を止めましたが、そこからこんぴらさんまでの商店街は閑散。
しかし途中から大勢の参拝客。
多くは、バス、マイカー利用者なのか?

参道の途中には地元の酒蔵も。
東京都内でも看板をみかけた「金陵」はここに蔵があったのですね。

12b29244.jpg



何百段ある階段を上って登りくると、二手に分かれ、右に表書院。

76cd1d86.jpg



表書院の中では「円山応挙」の襖絵が常設展示されていました。
鶴の間、虎の間・・・虎の間の虎は実に精悍。
バファローズファンだったので、牛の間がないのは残念(笑)

7edca3ce.jpg


表書院の奥にある椿書院では香川出身の田窪恭治という画家さんによる新作の障壁画が公開されていました。鮮やかな発色の赤と緑がとても印象的な椿絵でした。

10f67619.jpg


こんぴらさんの参道には土産物店、休憩所がびっしり。
階段は急いで上らんでもゆっくり登ったらええと思います。

9dfa9b3e.jpg


今度はもっと時間をかけたい。琴平から高松まで往く琴電にも乗ってみたいです。

リンク:
津田の松原サービスエリア下り線うどんコーナー@讃岐うどん遍路
金刀比羅宮
琴平町観光協会


帰りは岡山でJリーグ観戦。
9時の試合終了の後、2時間かけて帰阪しました。深夜だったので中国道宝塚トンネルの渋滞もなし。
この日の帰りの山陽自動車道では、セレッソの選手バスを2回抜きました。
1回抜いた後に、SAへトイレ休憩に寄ったためですが。岡山から新大阪までは1時間足らないですが、前後の移動とか考えると、オールバス移動になったのでしょうなあ。