b09c6e8f.jpg0c4ede1a.jpg14549902.jpg


20日日曜日の夜は長居陸上競技場でのセレッソ×ベルマーレのJ2上位対決へ。
この日は、午後7時キックオフ予定だったのですが、大阪府知事杯の少年サッカー大会の開会式のため、大量の少年サッカー団の選手、関係者が招待されていたため、いつもより早めキックオフ3時間前の午後4時の開門でした。
席についたときは、グラウンド上では開会式が行われていました。
SB席は年間パスポート席専用エリアが設けられていました。専用エリアと一般エリアの仕切りはロープ2本だけ。渡ろうと思えば渡れるのですが、誰もそれをする人は見かけませんでした。

abf2f942.jpg


キックオフ直前には専用エリアも埋まりましたが、いつも観戦されている何組かのグループはみかけませんでした。おそらく年間パスポートを買ってなくて、混雑をさけるべく、メインスタンドS席へ回られたのでしょう。

この日のメンツは以下の通り。藤本康太選手が3ボランチの後ろに入る布陣。

   カイオ
 香川  乾
 船山  黒木
   藤本
石神    酒本
 羽田  前田
   金鎮鉉

この日は前半から攻めまくるセレッソ。それに対する引きまくるベルマーレは明らかに後半カウンター勝負がみえみえで、一時は「10バック」やったです(笑)。香川選手や乾選手がボールをもった瞬間、ベルマーレの選手たちがまるで磁石に吸い寄せられるように、まとわりついて、仕事させてもらったです。両選手には常に3人以上のマークがついていました。
とくに前半からジャーン選手のプレスと田村選手の対応が厳しかったです。彼らもこの一戦に賭ける意気込みが伝わりました。

セレッソの守備のほうは3ブランチの藤本選手をはじめ、体を張って対応していました。マルチネス選手がチアゴ選手がいなくなったことで守備の意識が高くなったのかと。けがの功名とまでいえば、語弊か?
シュート数は前半はセレッソは21本に対し、ベルマーレはたった4本。その4本もほとんど記憶がないです。
0−0で前半を折り返し、後半に試合が動きました。
ベルマーレの田村選手が香川選手へファウル(ラリアート)を犯してしまい、この日2枚目の警告で退場となりました。前半からパイパフォーマンスを発揮していたので、そのフィットネスが落ち、ファウルに行かざるを得なくなったか?
これで戦術を変えざるを得なくなったベルマーレに対して、精神的に優位に立てたと思います。
田村選手が退場したのでベルマーレはFWの1人を下げ、永田選手を投入。セレッソの攻撃を裏をとる算段をとりましたが、その永田選手が投入されて数分経たないうちに先制できたのは大きかったです。
右クロスからゴール前での船山選手と香川選手のパス交換。最後は船山選手が移籍後初ゴール。
そして後半24分には船山選手からの左CK。カイオ選手のシュートが相手に弾かれるも、こぼれ球に反応した藤本選手が相手ゴールへシュートし、2対0。
その後も得点機はありましたが、ベルマーレGK野澤選手の好捕もあって、追加点はならずでした。
この試合、ここまで大きなピンチもなく(ベルマーレの田村選手の退場も影響してか)、このまま無失点で終わってほしかったですが、後半43分にベルマーレ寺川選手からの左FKからジャーン選手に1点を返されてしまいました。
このFKではベルマーレの3選手がフリーでした(苦笑)・・・クルピ監督の下、マンマークでなくゾーンで守るセレッソですが、なんとかならないものなんでしょうか?
その後は3選手を交代したセレッソ。トップには西澤選手が登場。ボールキープにしながらも、ベルマーレゴールを攻撃を見せ、ゴール前でのFKを獲得するなど、3点目を狙っていましたが、それはならずで試合終了。
ここまで2戦2敗だったベルマーレに3戦目にしてようやく、一矢を報いました。

40efbbba.jpg0c2e9f66.jpgf704cc06.jpg


◆9月20日 大阪長居スタジアム(長居陸上競技場)

C大阪 2−1 湘南
(前半0−0)
(後半2−1)

【得点者】船山、黒木(C大阪)ジャーン(湘南)

リンク:
試合結果@J's GOAL
クルピ監督の会見コメント@J's GOAL
反町康治監督会見コメント@J's GOAL

おまけ
その1
c98ab612.jpgこの試合の主審は12日のJ1鹿島×川崎戦の主審であった岡田正義さんでした。日頃、一貫しないJ2風味レフリングを見ているもので、岡田さんのレフリングはとても的確で、すばらしいものに見えました。

しかし、岡田さんの笛によってゲームが止まったときなどは、スタンドの一部から「中止か?」「中止はやめてくれ」旨のファンの声が飛んでいました(笑)
因みにこの日の大阪はピーカンで雨が降る気配はまったくありませんでした。

その2
e55c3714.jpg母親マスコット「マダム・ロビーナ」のマナー啓発ポスターが登場。
「おかん(母親)」と「あかん(駄目です)」をひっかけている?