選手は球団がどんな状態であってもプレーに徹してほしいと思う。

そして選手がプレーに集中できるような環境であってほしい。

5年前のあのことを経験しているので、よりそう思う。

そして、あのとき、同じ球団を応援しているのに、”ひとつ”になることができなかった。
あんな不幸なことはなかった。

当時のバファローズの礒部選手会長の涙が忘れられない。

昨日、ラストゲーム(2004.9.27、対ブルーウェーブ@神戸)から、ちょうど5年が経ちました。

もう5年が経ったのかと。

でも私の中では、全然色褪せていませんよ。


リンク:
生涯わすれられない感謝すべき日@@西岡剛オフィシャルブログ(携帯電話からでも閲覧可能)
マリーンズ西岡剛選手@MASARUのブログ(弊ブログ)
ロッテ西岡過激横断幕に「抗議」の先頭弾@日刊スポーツ