743b7878.jpgf0b698c3.jpg
花園の後は万博記念競技場でのJリーグのガンバ×F・マリノス戦へ。


花園から近鉄奈良線。鶴橋でJR大阪環状線に乗り換え、大阪駅を経てJR京都線の快速で茨木。
茨木からはバスで会場へ。
移動時間は1時間弱。

当日券は完売。大量の招待券が配られたようで。招待券はクラブ自前ではなくスポンサーがチケット代を出しているのやろけど、ガンバは自前でチケットさばけるクラブやないかと思いますが。タダ券狙いでなく、チケット払っても見たいと思う人を増やさないと。クラブへの愛着も変わってくる。

試合前はガンバのパス攻撃がFマリの堅守をどう崩すかが試合の見所かと思い、臨みましたが、ガンバも守備に重点を置いた布陣。ボールを奪ったら、素早く前にフィードする戦法やったけど、Fマリはきっちりチェックしてて決定的場面にならず。
後半になって、ペドロ・ジュニオール選手から播戸選手。二川選手から佐々木選手にスイッチさせ、攻撃に変化を加えて、局面打開を図りましたが、功は奏せずスコアレスドロー。ガンバはサンフレッチェ戦に続き引き分け。

◆10月24日 万博記念競技場

G大阪 0−0 横浜FM
(前半0−0)
(後半0−0)

【得点者】なし