ブリヂストンがF1へのタイヤ供給を2010年シーズンで打ち切りことを発表しました。
ミシュランが撤退してからF1へのタイヤ供給はブリヂストンだけになりましたが、1社供給ではメディアでの露出度も違うし、本業のタイヤが売れないと、一番削られるのがモータースポーツなわけで。

もちろん撤退するのはF1だけでモータースポーツをやめるわけでないのですが、

画像は鈴鹿サーキットで展示されていたフェラーリのマシン。
タイヤ部分に色がついていますが、それでタイヤの硬軟を区別できるようになっています。それでもってタイヤの存在感を出しています。

52bb39f7.jpg


リンク:
ブリヂストン モータースポーツ