e3dca2c2.jpg65e84714.jpg23a6eb97.jpg
8日日曜日は長居陸上競技場でのセレッソ対ザスパ戦へ。
午後4時からのキックオフ。西日がまぶしい。

この日はJ1復帰(J1昇格)が懸かった一戦ということもあり、出足の早い客の入り。
結局20000人超えたけど、バックスタンドとセレッソ側ゴール裏席が満場だったのに対し、メインスタンドは空席が目立ちました。
招待券所持者がこの日に集まったかな?

なお、この日は、いつものメンバーに九州からなかにしさんが帰阪され、ご一緒に観戦しました。

メンバーは以下のとおり。
     
    小松
  カイオ 乾
石神      酒本
 マルチネス 羽田
 藤本 チアゴ 前田
    金鎮鉉
(控え)
丹野、船山、平島、香川、西澤

なお、この試合の前にマジック対象のベルマーレとヴァンフォーレの試合がありましたが、ベルマーレは引き分け、ヴァンフォーレは敗戦。セレッソはこの試合で引き分け以上でJ1復帰内定となる今季最終3位が確定することになりました。
試合は開始早々の1分に、乾選手のゴール。左サイドから放ったシュートはザスパGKを超え、ザスパゴールに直接突き刺さりました。これまでは大観衆を前にすると、舞い上がり自身のペースを保てないセレッソを見続けてきましたが、この日はそれはありませんでした。
ただ、前半に小松選手に幾度か得点の決定機が訪れましたが、彼がそれをものにすることができませんでした。

2得点目は前半の20分過ぎ。
ゴール前での攻防の後ろに控えていたマルチネス選手にボールが回り、それを受けたマルチネス選手がミドルシュートを放ち、それがザスパのゴールマウスに吸い込まれ、2点目。

その後、マークの甘さは見られたものの、ピンチらしいピンチはなく、前半は2対0で折り返し。

後半はセクシーフットボーラーの乾選手が爆発。
得点ラッシュとなりました。

後半の16分ごろにはカウンター気味から最後に受けた乾選手が立て続けにゴールがともに入り、4−0。
乾選手は、更に後半24分にもゴールを決め、自身は4得点。

その後は西澤選手が前線と統率しました。

結局5−0。完勝でJ1復帰(昇格)条件の今季最終3位以上を決めました。

5c25ab25.jpg


◆11月8日 大阪長居スタジアム(長居陸上競技場)

C大阪 5−0 草津
(前半2−0)
(後半3−0)

【得点者】乾4、マルチネス(C大阪)

試合後はピッチ上でJ1昇格記念Tシャツを羽織った選手たちが、輪になっていました。互いの健闘をたたえていました。
とても印象的でした。

ce02fe7e.jpg


その後場内を一周し、スタンドへ挨拶。
バックスタンドでは、この日4ゴールの乾選手が叫びに近い感じで、スタンドに”昇格”を報告。

8e6d893a.jpg87572550.jpgee02e3ce.jpg


そして、セレッソゴール裏席前では、アキこと西澤明訓選手が今季限りの現役引退を発表。
今季サテライトに落ちていたときに、出番がない若手の鼓舞に尽力したのかと。今季後半で苔口選手など控えにいた選手の活躍を見ると、彼の献身的な貢献が大きかったかと思います。

西澤選手については、評価が分かれる世間的な評判とは別に、前線からのプレッシャーなど献身的なプレーも印象的です。
これ以外にも彼についても思い出がいっぱい。語りつくせない。

引退報告の後は、選手たちに胴上げされていました。
お疲れ様でした。

リンク:
試合結果@J's GOAL
セ大阪が4季ぶり、仙台は7季ぶりにJ1復帰@朝日新聞
C大阪の西沢が引退表明 02年W杯日本代表FW@47NEWS

以下、西澤選手の試合後の話(J's GOALより。)
===
●西澤明訓選手(C大阪)
「こんな大勝で、ホームで昇格できるというのは、よかったなと思います。いいチームだなと、また美味しい酒でも飲みたいです(笑)。ただ、まだ試合もあるので、あんまりはしゃぎすぎないようにしたいです。が、どうかな…、今日くらいはしゃいでもいいのかも(笑)」

Q:足のケガはもう治らない?
「オペしないとどっちにしろ治らないと、オペしても元には戻らないと言われていて、専門医から『もう50〜60代の足首です』と言われて、俺が50〜60歳くらいになったらいくつの足首になっちゃうのって思うんですけど(笑)。来年にオペをちゃんとしておかないと、将来的に歩けなくなる。時間はあるので、ちゃんとしたい」

Q:引退後は?
「ある程度決めていますが、サッカーに関わるといえば、関わりますね。ただ、指導者の道は、あんまりそういう興味はないんで。人に教えるとかはできないので」

Q:森島寛晃監督でのコーチは?
「絶対無理ですよ。森島監督? 無理でしょ(笑)。イメージがわかないんで」

Q:現役生活に悔いはないですか?
「もうないです。もう本当に、こういった形で、よかったと思います」

Q:今日発表するのは、いつごろ決めていたんですか?
「勝てば、とりあえずJ1昇格が決まったら、言おうかなと思っていました」

Q:昇格の瞬間ピッチに立っていたことについて。
「いやぁー、別にベンチでもよかったんですが。でも最後、長居のピッチに立てたのはよかったなと思います。ずっと応援してくれていて、もちろん点とか取りたかったですが、今日は『乾祭り』に乗り遅れたので(笑)。あいつがひとりでワッショイやってるから、完全に乗り遅れた感じで、(香川)シンジも乗り遅れちゃってたね」

Q:監督にはいつ意思を伝えたんですか?
「別に監督には特に伝えていないんですが、会社の人には言っていた部分はありました」
===
以上。

J2順位(48節終了時点)
1位 C大 勝点101 得失差48(J1昇格確定)
2位 仙台 勝点99 得失差45(J1昇格確定)
3位 湘南 勝点91 得失差30
---昇格ライン---
4位 甲府 勝点91 得失差29


セレッソとベガルタがJ1復帰(昇格)を決め、残る1つの椅子をベルマーレとヴァンフォーレが争うことに。
その直接対決が21日にヴァンフォーレのホーム小瀬であります。
事実上の昇格決定戦といってもいいほどのガチンコの一戦になるのではないかと思います。
セレッソは次節は2位ベガルタとの直接対決がベガルタのホーム仙台にて。
ベガルタに勝ち点差2に迫られているセレッソは、この直接対決で勝てば、ベガルタと勝ち点5差となり、J2の1位抜けをほぼ手中にすることができます。
ザスパ戦後の場内インタビューでは、「タイトル」について、燃え尽き症候群ぽい(笑)西澤選手がテンション低かったのに対し、アントラーズ育ちの石神選手、羽田選手が「タイトル奪取」に高いモチベーションを持っているのが印象的でした。「タイトル」に対しての貪欲さは、アントラーズで培われたものだと思いました。

(2009.11.12 12:14追記)
なかにしさんもブログで、今回の観戦記をまとめられています。
大型ビジョンに映し出された凸凹の2ショット映像も収められていますので、ご紹介しておきます。

リンク:試合後のセレモニーとアキの引退宣言。@日々是あれこれ 草枕日乗(携帯電話からでも閲覧可能)