07ca13ba.jpg11日水曜日は地下鉄今里の東成区民ホールでの大阪市民寄席へ。
東成区役所の3階にある区民ホールは前売り完売。
当日売りが若干あり、入ることができました。

前売りといってもオールパイプ椅子なので、そのへんは、なんとでもなるんでしょうが。

学校の体育館のような雰囲気。
60f1d9bc.jpg


この日の演目は次の通り。

狸賽』桂三幸
『金明竹』桂阿か枝
天狗裁き』桂米平
代書屋』三代目桂春團治
(中入り)
おごろもち盗人』笑福亭三喬
親子酒』桂雀三郎


開口一番の三幸さんの『狸賽』は通常のサゲの「天神さん」やなかったなあ。彼のアレンジなのかな?

『金明竹』は初めて聴く噺。
東京ではベターなんやろけど。

米平さんは『天狗裁き』。
流石の安定感。
よう出来た噺ということもあり、会場を沸かせてました。

春團治さんは『代書屋』。
後に出た雀三郎さんがこの噺に触れ、先代の米團治さん(米朝さんの師匠)が、会場のある今里で代書屋(今でいう行政書士)をしていた経験に基づく新作落語だったという説明をされていました。

中入り開けては三喬さん。
『おごろもち盗人』でしたが、噺に強引に時事ネタを入れられていました。確かに(昨日の今日だった)「市橋容疑者逮捕」はタイムリーすぎる話題ですが(笑)

雀三郎さんは『親子酒』。熱演でしたが、直近で聞いていたので、違う話を聞きたかったなあ(汗)