b8c0ac36.jpg奈良・興福寺で開催中の「お堂で見る阿修羅」へ。
行ったのは3週前(笑)

今日と同じく雨の日でした。

大阪からはJR大和路線(関西線)でJR奈良で。

c26f47c6.jpgcee4685f.jpg


奈良公園方面なら近鉄奈良駅のほうが近いですが、私が住む地域からだとJR大和路線のほうが便利がいいし、そして運賃も安いので(笑)

JR奈良駅からは三条通を東へ。
東向(ひがしむき)商店街と餅飯殿(もちいどの)商店街のアーケードの切れ間の抜け、猿沢池が右に見えたら、左は興福寺の境内。

境内に入ると、五重塔を右に見て、往くは北円堂。
阿修羅が鎮座するのは仮金堂のほう、

dfbe8081.jpg618eb74f.jpg


ちなみに今年の特別公開の料金は一般が1500円。
北円堂(ほくえんどう)、仮金堂の両方にチケット売り場あり。
私は「朝日友の会」の会員証を提示し、半額の料金でチケットを購入し、中へ。

まずは北円堂へ。
いつもなら、入場待ちの記憶がない(笑)北円堂が30分待ち。

でも浦安のねずみぃらんどのあとらくしょんに較べたらましなんでしょうな。

中では「建物は国宝やから触ったらアカンで」を大学生ボランティアが標準語で丁寧にアナウンスしていました。でも触るおっさん。触ったらアカンといわれたら、かえって触りたくなるのが人間か。

北円堂の中では、弥勒如来像など諸像がライトアップで展示。
どっかのベテラン女優さんのように皺隠しのライトは見あたらなかったなあ(爆)
反時計回りに拝み、説明を聞いて、外へ。

つづいて阿修羅さん一行が鎮座する仮金堂へ。
「仮」の金堂ということで、その真ん前では「金堂」が建てられるという。

仮金堂に入るのに、今度は100分待ちでした。
蛇のようにくねくねと順番待ちの列ができていました。
そして次々にやってくる観光バスと、関西弁でない観光客のみなさん。
聞き覚えのあることばやなとおもったら、石川県方面から来られたみなさんやったです。

そして雨が降ってきました。
小雨の降る中、約1時間ほど待たされました。
普段て、入りやすい興福寺やなのに。

そして中へ。傘は傘袋に入れて持ち込み。

阿修羅さんは顔小さかった。
7頭身くらい。手下を従えて、横一列で立ちポーズ。
それに群がる歴女たち(笑)・・・ただでさえ、混んだお堂の中だったんですが。

彼女たちによると、東京で展示されたときは、透明の函に入れられていて、後ろまで回れたそうですが、お堂で横一列だったので、後ろには回れませんでした。

人気スターを一目見て、興奮冷めやらぬ歴女たちとともに堂を出ました。

なにかパワーをもらった気になりました(笑)

なお、興福寺の国宝特別公開は、あさって24日(火)まで。

1c6821ae.jpg



リンク:法相宗大本山 興福寺
http://www.kohfukuji.com/


0ab71ac6.jpg興福寺の後は、奈良国立博物館の「正倉院展」(12日終了)に寄りました。
こちらはいつもと較べ、空いていました。


当時の最先端の金属加工を拝見しました。


リンク:奈良国立博物館
http://www.narahaku.go.jp/