10日木曜日は神戸元町・風月堂ホールでの「もとまち寄席恋雅亭(れんがてい)」へ。
4a67430a.jpg4a17f43b.jpg

会場は神戸の中心部・元町商店街の真ん中にある「神戸風月堂」本店の地下が会場。
「恋雅亭」はその風月堂ホールを会場にした毎月10日開催の月例会。
前売りが完売にもなる人気のこの会。
今回は予約なしで会場へ行ったけれど、当日券があったのはラッキー。

高座に置かれた膝隠しと舞台袖に掛けられた暖簾には「神戸風月堂」の扇に月のマーク。
港町神戸の洋菓子屋さんのホールということもあり、煉瓦造りの内装。「恋雅亭」とはその内装も掛けたネーミングなんでしょう。

2e9fd9fb.jpg


この日の番組は以下の通り。

時うどん』笑福亭喬若
桃太郎』桂歌之助
豊竹屋』桂蝶六
尻餅』桂雀松
(中入り)
『神様のご臨終』(逢坂まひょ・作)桂三歩
『源太と兄貴純情編』(自作)笑福亭仁智

開口は「松坂大輔」似の喬若さん。
マクラでは自身と松坂投手との年俸の桁の違いで会場を沸かせた後、『時うどん』は2人バージョンのほう。
何度も演じ慣れた噺なはずなのに、噺の途中で失念されはった。でもすぐに挽回されたけども。
そこんとこは生の魅力ってことで。

歌之助さんは学校落語でのエピソードをマクラには本編は『桃太郎』を。
桃太郎の話の解説を子供がするんだけども、あれは本当の説なんやろか。

蝶六さんは『豊竹屋』。
おそらく蝶六さんの噺は初めて聴く人だったと思います。
声がええ人。吉朝さんに近い声をされていた。でも仕草や所作は染丸さんぽかったなあ。
マクラでは自身が系統している浄瑠璃を発声方法を観客に伝授。
というか、蝶六さんに合わせて観客も同じように発声するという。「客席参加型落語」ですね。
繁昌亭でもやってはるんやろうと思います。
観客をに声を出さすことで、集中して聴いてくれるから、その後の本編も演りやすいというのがあるのかな。

雀松さんはマクラでは合格した気象予報士のことから、この日の客席と舞台には温度差があるとネタにされていました。
実際に温度差はあったと思います。
それは客のウケが悪いというより、実際に高座におられる演者さんへの直射するライトが熱く、どの演者も汗を拭き拭きの一席だったからですが(笑)

雀松さんは『尻餅』を。この時期ならではの噺。
旦那が奥さんのお尻を臼に見立てて、餅を搗いているような音を住んでいる長屋じゅうに聴かせる噺なんですけど、実際に音を出す場面は、もちろんお尻を叩くんじゃなくて(笑)、両手を使って、さも餅を搗いている(奥さんの尻を叩いている)かのような音を出しておられました。それには客席からも拍手が上がってました。

中入りは15分くらい。
ホールのロビーではサンドイッチ(500円)とコーヒー、オレンジジュース(各200円)が販売さえました。サンドイッチを購入しました。風月堂本店の上階にはレストランがあり、カレーやサンドイッチなどが食べられるのですが、そのレストランが作っているのでしょう。パン屋さんやコンビニで見かけるものより、上品な感じ。おいしかったです。

中入り明けは三歩さん。
『神様のご臨終』は師匠三枝さんかと思ったら別のかただったです。
この噺は以前「田辺寄席」で三象さんの口演で聴いたことがあるのですが、そのときにも思いましたが、噺自体は悪くないけども、場面の設定が古くて、噺に入り込めなかったです。
2009年に2000年ごろの噺をされてもなあ。

トリは仁智さんで創作の『源太と兄貴』の純情編でした。
仁智さんの笑いにはツボにハマることが多く、この日もそうでした。
愉しめました。


リンク:
もとまち寄席-恋雅亭
神戸風月堂
神戸元町商店街