d605d6ab.jpg21日夜に東京ドームで行われたアメフトのジャパンエックスボウル(第23回日本社会人選手権・決勝)は関西テレビの深夜録画中継のビデオを鑑賞。

この試合を毎年中継している関西テレビは東京ドームでの開催時も大阪よりアナウンサーと解説者を派遣。
今年の解説者は河口正文氏と有馬隼人氏。両氏ともキャラクターが出た解説を披露していました(笑)

試合は前半は第1Qの開始早々、富士通が日大出身の金雄一選手(2年前の甲子園ボウルでの走りがすごかった)が中央突破から30ヤードほど走りきりTDで先制した後は、互いにトリッキーなプレーから、QBを惑わせ、ともにインターセプトしていました。前半は富士通リードの7−0で折り返し。
このままロースコアに終わるかと思いましたが。

後半は鹿島がFG2本で追い上げ、6−7とすると、RB丸田選手のTDで逆転。
さらに第4Qでは、怪我を圧して出場したQB尾崎陽介選手から、WR前田直輝選手へのロングパスで78ヤードのTDを決め、駄目をおしました。

MVPはそのロングパスからのTDを決めた前田選手。
関西テレビでのインタビューではとても感激した様子。
怪我を圧して出場し、ナイスパスを放った尾崎選手への敬意も忘れていませんでした。

dc459128.jpg


◆12月21日 東京ドーム

鹿島(かじま) 21−14 富士通

鹿 21|0 0 12 9
富 14|7 0 0 7

リンク:試合結果@Xリーグ公式サイト