ABCラジオ「日曜落語なみはや亭」の20日放送分は笑福亭三喬さんの『べかこ』でした。
香川へ向かう途中にカーラジオで拝聴しました。
収録は桂文珍さんプロデュースの「第1回京橋精選落語会」@京橋花月にて。
松竹芸能に所属する三喬さんは、会場が吉本の小屋ということもあり、口演中なんでも「アウエー」を云っておられました。でも多少の客層の違いはあるものの「落語会」と謳っているし、そして、同じ落語好きが来るだし、「吉本」「松竹」を意識せんでもと思いましたが。

この噺は大きな落語会では初めて口演する噺という。
それは「アウエー」な舞台で鉄板のネタでなく、敢えてチャレンジするというのがあったんかなあ。

『べかこ』という噺は米朝さんが口演されているのを聴いたことあるけれど、印象に残る噺ではなかったなあ。それは噺自体があんまりおもろいと思わなかったというのもあったりしたんやけど(汗)

三喬さんは独特のくすぐりを入れられていました。
その他、噺の基本はおさえつつ、アレンジされていたように思いました。
三喬さんのニンに合った感じで、愉しめました。


番組の後半は三喬さんへのインタビュー。
東京の寄席で年1回開いている独演会に対しての”思い”を熱く語られていました。

東京でも名前の通る噺家さんになってほしい人やし、そうなると思います。


リンク:笑福亭三喬@松竹芸能株式会社