25日金曜日は鶴橋・雀のおやどでの桂米二さんの会へ。
179b7977.jpg
演目は以下の通り。

犬の目』笑福亭生寿
まめだ』桂米二
片棒』桂ちょうば
三枚起請』桂米二

三味線:浅野美希

※中入りなし。

開口は生寿さんで『犬の目』。
師匠・生喬さんの稽古つけられた通りキッチリ。
表情とか生喬さんそっくり。
この噺を聞いてると、鶴瓶さん主演の『ディア・ドクター』を思い出す。
あれは偽医者の話やったけど、置き換えると、周庵センセが鶴瓶さんで、周達が瑛太か。・・・映像化できるんちゃう(笑)

米二さんの一席目は『まめだ』。
生でこの噺を聞くのは初めて。童話のような噺やったなあ。
主人公の説明から波及して、米二さんがドラマ出演したエピソードを。
米朝さん、米左さんとともに裁判官の役で出たそうですが、見たかったなあ。

ちょうばさんは『片棒』。
打ち上げ花火にかかるかけ声の文句に「めりーくりすます!」と時候(25日開催だからドンピシャ)に合わせて掛けられてました。

米二さんの二席目は『三枚起請』。
米二さんはあほ役が巧く、たっぷり愉しめました。

最後に抽選会。
お菓子セットや落語会のチケットのほか、「桂米二」と刷られた林檎もありました。
林檎は色づく前に「桂米二」と書かれたシールを貼っておいたもので、赤い中に米二さんの名前が浮きでてました。手の混んだ品物でした。
私はお菓子セットを頂戴しました。

リンク:
米二ドットコム
ジーやんの拍子の悪い日々(米二さんのブログ)