リアルタイムは外出中で、NHKラジオの生中継を聴きました。
第1試合は静岡エコパでの名古屋×清水戦。
1対1で延長戦で。必死の攻防が伝わりました。
この試合の解説は早野宏史さんでしたが、アナウンサー氏が伝え切れていない状況のフォローもされていました。映像がないラジオの中継なので、その点はとても重要なんですが、何年も解説者を努めておられるので、そのへんは心得ておられるようでした。駄洒落ばかりが目立つ人ではないことがわかりました(笑)
そしてラジオでも伝わる岡崎選手のトップスピード・・・こんな選手たちがいっぱいいるJ1で来季戦わなければならない訳で。大変ですなあ。
清水のGKの山本選手がとてもキレていました。GKが彼でなかったら、グランパスに勝ち越しゴールを割られていたように思います。

PK戦にまでもつれましたが、グランパスがエスパルスを5−3で下しました。

PK戦が終わると、中継は東京の国立競技場に切り替わりました。
こちらの解説は加茂周さんでした。とても眠たくなるような解説でした(苦笑)
エコパから国立に中継が切り替わったのは、前半がほぼ終了てなタイミングでこの時点でガンバが開始早々のルーカス選手のゴールで1−0でリードしていました。
後半にベガルタに同点にされましたが、ほか危なっかしい場面もありましたが、ガンバは失点をこれ以上許さず、再びルーカス選手のゴールで勝ち越すと、その1点を守りきりました。

477cab13.jpg3aedb086.jpg1c1669d1.jpg


J2ベガルタは結局、ファイナルには行けませんでしたが、それでも準々決勝までJ1の優勝候補に力勝ちしたのは賞賛に値すると思います。

▽準決勝

◆12月29日

静岡スタジアムエコパ
名古屋 1(5PK3)1 清水
(前半0−1)
(後半1−0)
(延前0−0)
(延後0−0)

【得点者】岡崎(清水)玉田(名古屋)

東京・国立競技場
G大阪 2−1 仙台
(前半1−0)
(後半1−0)

【得点者】ルーカス2(G大阪)中原(仙台)

決勝はガンバ対グランパスとなりました。
グランパスはピクシー(ストイコビッチ氏)がきての天皇杯決勝は負けてなかったと思います。
ガンバは連覇がかかりますけど、さてどちらが勝つやろか?


リンク:第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会@日本サッカー協会