リアルタイムは花園での「高校ラグビー」を見ていたので、試合終了残り15分くらいをラジオ中継で愉しみました。
試合はスコア1−1の後半30分過ぎだったか、二川選手からのパスを受けた遠藤選手が相手のDFを躱して豪快なシュートを決めたこと。帰宅後にビデオで確認したら、見事なボディコントロールやった。
さすが全日本の主力といわれるものやったなあ。
その後は、グランパスは露骨に4トップ。前係になりすぎて、ガンバのパスをなかなか奪えず、カウンターアタックからだめ押しゴールを決められてしまいました。
結果として、ガンバがグランパスをリーグ戦で勝てなかった雪辱を果たし、連覇を果たし、グランパスは準優勝でACL出場も逃してしまいました(リーグ4位のサンフレッチェに出場権)。

試合後は山口選手はインタビューで「タイトルへの飢え」といっていたのは強い印象に残りました。あと、彼は涙目に。この一戦を最後にチームを去ることの選手を思ってのことだったんでしょう、この試合で松代選手も引退するんですね。
お疲れ様でした。

3ec5d239.jpgfd533537.jpg04071d87.jpg



◆1月1日 東京・国立競技場

G大阪 4−1 名古屋
(前半1−1)
(後半3−0)

【得点者】ルーカス、遠藤2、二川(G大阪)中村(名古屋)

リンク:公式記録@日本サッカー協会(PDF形式)