17日金曜深夜の「いきものがかり吉岡聖恵(きよえ)のオールナイトニッポン」を東京への移動の途中に拝聴。
この日の秦基博さんがゲスト。
トークのあと、ライヴセッション。

まず秦さんが新曲「アイ」を弾き語った後、それぞれの持ち歌でアコースティックギター一本でセッションしてました。

曲目は

1:朝が来る前に/秦基博
2:YELL/いきものがかり

1番に曲を持っている本人が歌い、2番は互いに相手の曲を歌ってました。
演奏はアコースティックギター一本でした。ヴォーカルの実力がよくわかるというもの。

ステレオではないモノラルなAMラジオでの生演奏でしたが、臨場感たっぷりでした。
とくに秦さんは歌声が切なくて…引き込まれました。

リンク:いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポン@ニッポン放送(番組サイト)
http://www.allnightnippon.com/kiyoe/

(2010.1.24 11:45追記)
YouTubeにてインディーズ時代の「いきものがかり」の楽曲がアップされているのを聴いたのですが、ヴォーカルの吉岡聖恵さんの例の地声を張り出す歌い方と違い、柔らかい感じ。
こんな歌い方もできるんや、と。



こちらは去年のもの。



(2010.4.10 13:53追記)
番組の模様がYouTubeにあがっていました。

まずは『朝が来る前に』



続いて『YELL』