535455f0.jpg以前「日本のロゴ」という本を買いました。

発行は2007年8月。
確か、東京からの帰りの新幹線で読むために買ったのではなかったかと思います。
ずっと書棚の奥に入っていて、気付きませんでした。

日本の主立った企業のロゴについて、デザインとそれに込められた企業理念が触れられた一冊でした。

ナショナルブランドのロゴの変遷や、ロゴに込めたデザイナーの思いも取材を通して振られていました。

大きな企業となるとロゴを考案するデザイナーも一流だし、それなりにグレードの高いものがそろっている印象があります。

この一冊を読んで、めくって気に入ったロゴから、その企業に親しみがわくもので。
職業とされているかたは別にして、気軽にも新幹線で時間つぶしでちょうどええ一冊でした。

因みに成美堂出版といえば、「ラグビーのルール」など文庫本サイズのスポーツ解説本を出している会社です。

以下、紹介されたロゴについて。

「近鉄百貨店」はかつては「近畿日本鉄道」と同じく「近」の字を象ったマークだったと思います。
この「近」マークは愛着があります。

61f5614f.jpg


「JRA(日本中央競馬会)」のロゴで、線が切れているのは「開放感」を表しているらしい。
確かにロゴと愛称が「JRA」に替わってから、施設のアメニティが充実していっているなあ。

88123b4f.jpg


滋賀県が本拠のスーパーマーケット「平和堂」は「鳩のマーク」。
「平和堂」の創業者の悲惨な戦争体験から平和を希求するメッセージもあるようで。

59920ccc.jpg


「ソフトバンク」のロゴの左側の黄色の二重線は「海援隊」の旗印から着想したという。
それはトップの孫正義さんが坂本龍馬を愛しているからも影響しているんでしょうね。

ba859211.jpg




リンク:成美堂出版ホームページ

以下、Amazonへリンクしています。

日本のロゴ―企業・美術館・博物館・老舗…シンボルマークとしての由来と変遷
日本のロゴ―企業・美術館・博物館・老舗…シンボルマークとしての由来と変遷
クチコミを見る


「日本のロゴ」は第2弾も出ているのですね。
日本のロゴ 2
日本のロゴ 2
クチコミを見る