7日日曜日は近鉄花園ラグビー場でのラグビー日本選手権1回戦・コベルコスティーラーズ対ヴェルブリッツ戦へ。
bb015c20.jpg49fb94d4.jpg

日本選手権ということもあり、メイン、バックともにいつものトップリーグとは入りが異なる。
とくにトヨタの動員が多かった。何台のバスを連ねてきたのだろうか?

試合はトヨタの攻勢で、自陣での守りが続くコベルコ。
何度も反則するもんやから、ペナルティトライになるやないかと冷や冷やもんやった。
途中フッカー松原選手がシンビン退場に。何で退場になったかはわかりませんでした。
それでもトヨタの攻撃を凌ぎきった、コベルコはトヨタの連続パスを奪ったウイング大畑選手が独走トライ。加速したら止まらない爽快な走りを生で拝むのは本当に久しぶりやったなあ。
ステップを切らずに、加速だけで相手を振り切る走り・・・久々に愉しめました(微笑)
ちょっと溜飲が下がったけど、直に返され、前半は7−12で折り返し。

後半も防戦一方。試合運びの悪さが顕著。
前半からトヨタのバックスのSOアイイ選手とFBイェーツ選手の個人技にも苦しめられていたけれど、時間が経つにつれ、ディフェンスが甘くなり(人数はかけているのだが甘い)、プレー選択ミスが増える。それが失点に結びつく。・・・の悪循環。
また自軍でボールがキープできない。SO森田選手は自陣でキックで局面を打開しようと思ったが、あっさりチャージされる始末。周りが全然見えてないのか?
そんな中、後半にも大畑選手のトライ。これも相手のパスをインターセプトして自らトライに結びつけました。・・・コベルコのファンとしては見所が少ない試合やったなあ。
昨シーズンと同じく「2月7日」にシーズン終了と相成りました。

それにしても、結果負けたけど、大畑選手のあの走りが観られただけでも御の字。
彼のあの走りなんて、もう観られないと思っていたので、それだけでも寒い中、会場にまで出かけた意義があったというもの。

d420ba90.jpg


なお花園第二試合は、NECがサントリーとドロー。抽選で2回戦進出。
NECは選手権になると強いんだよなあ。

◆2月7日

▽1回戦

大阪・近鉄花園ラグビー場
第一試合
神戸製鋼 19−36 トヨタ自動車
(前半7−12)
(後半14−24)
第二試合
サントリー 10−10 NEC

(抽選によりNECが2回戦に進出)

東京・秩父宮ラグビー場
第一試合
東海大 7−11 NTTコミュニケーションズ
第二試合
帝京大 76−7 六甲ファイティングブル

上記の結果、14日の2回戦の組み合わせは以下の通り。
第一試合
NTTコミュニケーションズ×トヨタ自動車(12:00)
NEC×帝京大(14:00)

会場はいずれも東京・秩父宮ラグビー場。


おまけ
4de2b01a.jpg第一試合後に花園ラグビー場のメインスタンドコンコース内にある「レストラン花園」で「天ぷらうどん」を。550円。
「グリル近鉄」なので味は期待薄やったけど、うどんの麺の腰が適度にあったのは意外(笑)
出汁はまあまあのほう。冷えた体を暖めるために注文したんで、それが叶っただけでそれでもええねん。

因みに花園ラグビー場はバックスタンドのコンコースでもうどんを売っているけど、そこの天ぷらうどんは「かきあげ」。レストラン花園のは「えび天ぷら」。

やっぱり「天ぷらうどん」といえば「えび天」やなあと(微笑)