shiawase_switch先日レンタルビデオ店で借りたDVDのうちのひとつ。
これまた上野樹里さんの主演作品で以下、ネタバレ含有。

2006年秋の公開。
ちょうど『のだめカンタービレ』のテレビドラマ版の放映のころですが、この作品、上映館がとても少なかったこともあり、この作品の存在すら知りませんでした。

後にネットサーフィンしてて、知りました。
他の作品を借りたときについてにDVDを入手することにした次第。

作品は、和歌山県田辺市の小さな電器店が舞台。
家業しか頭にない頑固な父親に反発し、都会に出ていた主人公が、父親の骨折をきっかけに、家業を手伝うことに。最初は嫌々ながらも慣れない家業を手伝う内に、父の仕事や人柄が地元の人々に深く愛されていることを知り、忘れていた家族の絆や愛情の深さに気づいていく・・・というもの。

主人公(3姉妹の次女)を演じた上野樹里さんの演技が秀逸。
「のだめ」とかほかの作品との演じ分けができていたなあ。
作品の前半は気分が悪くなるほどの仏頂面で、糞生意気な娘やったが、徐々に表情が変わっていくのが見もの。

あと頑固者の父親役は沢田研二さん。「ジュリー」を消しての好演やった。
他は長女役の本上まなみさんには癒されたし(笑)、三女役は中村静香という新人の女優さんだったが、終始明るい表情を見せてよかったなあ。

この作品をつくるにあたって、関西出身の俳優陣に拘ったそうだが、ネイティブならではの言葉のやりとり、間合いがリズムがあってよかったなあ。

あとで見たメイキングによると、それと地元の協力があったようで。
それに応えるかのように、田辺の風景が沢山盛り込まれてた。
話の後半では田辺らしいエピソードが織り込まれて、田辺市が舞台であることの意味がよくわかりました。

監督は安田真奈という女性。商業映画を撮るのはこの作品が初めてという。
電器店のサービスや業務について緻密に描写されていたので、何でかと思ったら、安田さん自身、家電メーカーに勤めていたことがあったようで。そのときの経験を基にしたエピソードが盛り込まれたようです。実際に映像に映るのはその家電メーカーの商品がいっぱい。
そのメーカーや地元電器店の強力があったようで。

作品全体の構成も巧かったし、今後の作品も期待してみたいなあ。
というか主人公の若い女性をあれだけの仏頂面という設定で撮れるのは同性の監督だからかな?
男性(おっさん)の監督(誰とは云わんが)やと、若い女の子の描写は、どうしても甘くなってしまうところが・・・。

エンドロールで「桂都んぼ」という名前を見たので、どこで出ているのかと思ってみたら、1シーンだけ登場してました。凝視しないとスルーしてしまうと思います(笑)

リンク:
「幸福のスイッチ(しあわせのスイッチ)」公式サイト
映画『幸福のスイッチ(しあわせのスイッチ)』監督Blog(携帯電話でも閲覧可能)
南紀田辺世界遺産フィルムコミッション

ベベチオがエンディングテーマを唄ってました。



以下、Amazonへリンクしています。

幸福のスイッチ [DVD]
幸福のスイッチ [DVD]
クチコミを見る