18日木曜日は阪神尼崎駅近くの尼崎市総合文化センターでの桂米朝一門の落語勉強会へ。
1ヶ月半ぶりの落語鑑賞。
2d56c4c1.jpg528d9d85.jpg
この日の演目は以下の通り。

狸の賽』桂米市
強情灸』桂とま都
花筏』桂佐ん吉
千早ふる』桂よね吉
七度狐』桂吉の丞
貧乏花火』桂米二
崇徳院』桂雀五郎

※中入りナシ。

午後6時15分の開演ぎりぎりに到着。
入り口では世話人の米二さんが客の入りを確認しておられました。

開口は米團治さんの一番弟子の米市さん。初めて見るかた。入門して間が経ってない様子。
フィギュアスケートの高橋大輔選手似という彼。確かに似てるな。つかみはOK(笑)
噺のほうは一本調子やし、声が通ってへんし、まだまだこれから修業なんでしょうな。

二番手のとま都さんは『強情灸』。彼の噺を聞くのも初めて。
入門して3年ほどだというが、その語り口は大したもの。間がええし、聞き取り易いし。
大きな灸を据えられてからの主人公は熱演でした。
師匠の都丸さんが「二代目桂塩鯛」を襲名するのと同時に、とま都さんは「小鯛」に改名するそうな。
今後が楽しみなかたです。

佐ん吉さんは『花筏』。
ちゃんと口演されてたけど、こちらの噺を聴く集中力が散漫になってしまった。痛恨。

よね吉さんは『千早ふる』。
マクラでは長めでした。途中、米團治さんの物まねをされてましたがようウケてたなあ。もうあちこちでやってんねんやろうなあ。
本編は、彼独自のアレンジを加えながら少し諄かったが(笑)おもろかったです。秀逸。

吉の丞さんは、『七度狐』。前の演者の熱演が続いたので演じづらそうやった。
観客の「ダレた顔」を見ながらだからかな?
吉の丞さんは話しぶりテンポあって、ダレることはなかったです。

「此処まで15分押し」という米二さんは「時間調整役」という。
噺は『貧乏花見』をさらりと途中まで。

もし、人間国宝がいてたら時間オーバーの演者に対して「長すぎるで」と注意していたんだろうか?

この会はトリだけ事前のネタ出し(演目出し)をするのですが、この日は雀五郎さんで『崇徳院』。
この噺、長くて、前の熱演もあって、疲れがここに来てしまった。
雀五郎さん演じる熊五郎はとぼけっぷりがええ感じやったんですけどね。

7席、2時間半、中入りナシでした。

リンク:財団法人尼崎市総合文化センター