昨晩、帰宅後にNHK-BSの録画放送を拝見。
結果は分かっていたんだけど、映像は見ていなかったので。
鈴木明子選手の滑走だけはリアルタイムでは丁度昼休みで、昼食を摂った喫茶店のテレビで見ました。
ミスはなかったし、最後は感極まった表情を見せていました。
SPのときにも語りましたが、摂食障害を克服して、よくぞここまで。

安藤美姫選手も出せるパフォーマンスを出し切っていたと思います。
4年前からの成長を見せたと思います。

そしてSPでトップの金妍児(キム・ヨナ)選手ですが、パーフェクトやったなあ。
そしてエレガントやった。
彼女のパフォーマンスを最大限にアピールできる選曲(ガーシュウィン)とプログラムではないか?旨のことを解説者のかたが語っておられましたが、ほんまその通りやと思いました。

9d6b3710.jpg


彼女に続いての浅田真央選手は目立ったミスがないように見えましたが、後のVTRで確認するとジャンプ後の着地が乱れたような。。。。
滑走後の彼女の表情は曇ったままでした。どこが悪かったのか?彼女自身が一番把握しているでしょう。

長洲未来(ながす・みらい。米国)選手は初めてみました。
16歳とは。。。あと何大会か出てくるでしょう。
滑走後、会場の観客に向け感謝の意を大きく表していたのが印象的でした。

トップ2選手のライバル関係は今後も続くでしょう。

12819a4b.jpg