NHK教育テレビでの生中継を視聴。
当初はNHK総合テレビで放送予定でしたが、津波到来の報道優先のため、教育テレビで放送されることに、総合テレビで録画予約取ってたかたは録画できてなかったでしょう。
J SPORTSのこの日の実況アナウンサー氏は、私が苦手なタイプだったので、パス。しんどいねん(苦笑)

東京は雨が降っていたようですが、上がり、晴れ渡っていました。
でも秩父宮のグラウンドは田圃とまではいかないものの、しっかり水を含んでて、選手たちは泥んこになってました。

試合は前半はトヨタが押し気味でゲームを進めて、相手の自陣に釘付けに。そして10分にモールを押し込んで先制トライを決めると、20分過ぎには自陣から展開。最後はホップグッド選手がトライ。
さらにトヨタが加点するかと思いましたが、インゴール内で水野弘貴選手がボールを押さえ込めず、トライに至らなかったり、その他でもミスがあり、結局、前半を12対0で折り返し。

後半は、トヨタの前半のミスが影響してか?三洋で流れが替わりました。
ブレイクダウンで優位に立った三洋は、3分にPGから反撃の口火を切ると、後半20分過ぎには途中出場のHO(フッカー)堀江翔太選手がトライ。
25分過ぎには、トニー・ブラウン選手からボールをつなぎ、最後はWTB(ウイング)北川智規選手の快走で逆転トライ。
この間、トヨタはホップグッドがシンビンで不在だったのが響いた格好。そして35分ごろには若松選手がモールからトライに結びつけ、試合を決定づけました。
トヨタはこの後、FBイエーツ選手のトライで反撃しますが、前半と違って、フィットネスが落ちたのと、味方選手のシンビンが響いたように見えました。

三洋はトップリーグは優勝できませんでしたが、日本選手権は3連覇とのこと。

e94b5a6f.jpg01b8e687.jpg


それにしても雨が降った後とはいえ、秩父宮の芝がひどすぎ。
決勝戦だけ隣りの国立競技場を借りる訳にはいかなかったのかな?
キャパが大きすぎて空席目立つけど、日本ラグビーのシーズンオーラスがあのひどい芝の秩父宮はやめてほしいもんですが。

◆2月28日 東京・秩父宮ラグビー場

三洋電機 22−17 トヨタ自動車
(前半0−12)
(後半22−5)

リンク:試合結果@日本ラグビーフットボール協会

これで今季のラグビーシーズンは(3月に三地域対抗があるけど)この試合がラスト。秋の開幕までは、海外リーグやジャパン(日本代表)に目を注ぐことになりますな。