元ラグビー日本代表で神戸製鋼コベルコスティーラーズの元木由記雄選手(38歳)が今季限りで現役を引退することを明らかにしたそうです。
きょう5日にも引退会見を開くそうです。
元木選手は長い事見てきた選手です。

東大阪市の花園ラグビー場近くの出身。
漫才の「中川家」が元木選手と同世代で、英田(あかだ)中学時代の元木選手と対戦したことがあったそうな。「中川家」さん曰く、元木選手はその当時から抜きんでているところがあったようです。

高校は名門の大阪工大高。2年生のときの花園の全国高校大会は決勝戦まで勝ち上がるも「昭和天皇崩御」により決勝戦が中止に。順延でいいから、決着をつけてほしかった。

大学はメイジ。
彼がいたときのメイジは強く、神戸とは何度も日本選手権で対戦したなあ。そして彼が主将のときのメイジがイチバン怖かった印象。神戸がV6を達成した年だったけど、実際、その年の日本選手権はメイジにリードを許したことがあったなあ。

その後、神戸に入った元木選手ですが、とんでもなくタフなエピソードは数えきれない・・・・いったい彼の体は何で出来ているのか?何を食べているのか?と思った。
神戸製鋼だからじゃないけど、体が鋼(はがね)で出来ているんじゃないかと思った。それも錆びない鋼が。

W杯では自分より「ごつい」強者相手に、果敢にタックルに向かう姿はたまらんかったなあ。ラグビーは快走するウイングは花形やけど、同じバックスの懸命にタックルに向かうのも魅せられるものがあり。

今季はアンダーのコーチとかしたり、トップでの出場も少なかった。今季で終わりかなあと思っていたんですが。

でも「お疲れ様」とは云いたくない。淋しい。
密かに現役続行を狙ったりして?
「六甲ファイティングブル」で暴れ回ったりして・・・を期待しているんですが。

リンク:ラグビー:神鋼の元木が引退へ…5日に会見し正式発表@毎日新聞