大阪市営地下鉄の谷町線で今朝、始発から谷町九丁目から南の区間が運転休止となりました。
人身事故だったら、すぐに再開するのですが、原因は、今朝未明の保線工事の際、保守作業車のクレーンの先端が、誤って高所の電気ケーブルの束に接触し、ケーブル6本を損傷したという。
そのため、ポイントや電車の制御ができなくなり、始発から午前9時ごろまで、運転が休止。

休止区間は谷町九丁目から終点の八尾南まで。
現場は阿倍野−文の里間の谷町線線路上だったのですが、谷九まで上がらないと折り返しの設備がないのでしょう。

平野区(とくに南部)の住民にとっては貴重な足である谷町線なので、イージーなケアレスミスは勘弁してもらいたいです。

リンク:大阪市営地下鉄またミス 谷町線ケーブル損傷で不通@読売新聞