2207a27a.jpg1日付の朝日新聞(大阪本社発行14版)の社会面に、天満天神繁昌亭でバイトをしていた女性が、月亭八天さん(月亭八方門下)に弟子入りしたという話が載っていました。

新聞によると彼女は大阪シナリオ学校で学び、新作落語の台本などを手がけてきたという。
2年前から繁昌亭でチケット販売などを担当していたそうですが、生の高座を間近に接し、自ら演じたいという思いが募り、今年2月、八天さんに入門を許されたという。

芸名は「月亭天使(てんし)」。女流らしいかわいらしい名前。
人間国宝の桂米朝さんからは、可朝→八方→八天ときて、彼女は米朝さんにとって初めての「玄孫(やしゃご)弟子」となるそうです。