先日、みのさんとの歓談の中で、冬季五輪でのフィギュアスケートの話題になり、出たのは1984年のサラエボ冬季五輪でのこと。
そのサラエボ五輪では「アイスダンス」に出場したジェーン・トービル/クリストファー・ディーン組(英国)が芸術点で9人の審査員全て満点を獲得し、金メダルを見事獲得。

みのさんは、そのトービル/ディーン組のアイスダンスが今まで見てきたフィギュアスケートの中で一番だという話をしていました。

ちなみに、そのトービル/ディーン組のBGMは「ボレロ」。
フランスの作曲家ラヴェルがバレエ音楽向けの作曲したものですが、『のだめカンタービレ』では原作・映画版とも「ぼろぼろボレロ」で演奏されてしまう楽曲です(笑)