ベートーベン『悲愴』第二楽章ですが、曲名を聞いてもピンと来ないかたのほうが多いと思います。
『のだめカンタービレ』の第1話で、千秋真一がのだめがピアノで弾くこの曲に惹かれ、彼女と関わっていく、まあ出会いの曲であります。
そして原作の最終23巻でも登場していました。今月公開の映画版後編でもクライマックスシーンに登場してくるのかと思います。




で実際に聴いてみると、曲名はわからなくても聴いたことがあるかたが多いんやないかと思います。

私は以前、「カネテツデリカフーズ」のテレビやラジオでのCMソングに使われていたことがあり、それを憶えていました。
「カネテツ」は関西ローカルの蒲鉾メーカーなので、関西以外のかたは馴染みがないと思います。






CMではこの曲をギターデュオの「ゴンチチ」や、ジャズピアニストの小曽根真さんが弾いています。
クラシックの名曲をアコースティックギターで奏でられるのは珍しいかと思います。

因みに小曽根さんの他のオリジナルの楽曲もカネテツのCMソングに使われていて、神戸のKiss-FMでもたれていた小曽根さんの番組のスポンサーをカネテツがなっていました。