長居でのセレッソ戦の帰りに、福岡RKBラジオ(1278KHz)のナイター中継を遠距離受信し、拝聴。
RKBラジオの中継は、大阪の朝日放送の製作で、RKB向けに放送。いわゆる「裏送り」。
解説は有田修三さん。実況は枝松アナウンサーで、いわゆるタイガース翼賛中継での声が裏返るほどのもんではなく、抑揚が聴いてて、聴きやすかった。

試合は連日の大味な展開でスコア8−8の8回裏、送りバントの球をホークスのファルケンボーグ投手が慌てて処理し、一塁へ悪送球。それが大暴騰となり、一塁走者が一気に生還。さらに相手に1点を与え、ダメを押されたそうな。
オリックス・バファローズより多く安打を稼ぎながら、8回の痛恨のミスで連勝を逃したホークス。今夜の酒は苦かろう。

◆4月14日 京セラドーム大阪

オリックス・バファローズ 10−8 ホークス


リンク:日刊スポーツスコア速報