25日日曜日は長居陸上競技場でのセレッソ対グランパス戦へ。
1eb71590.jpge1818053.jpg8294e666.jpg
朝から晴天の長居。
そして相手が好調で日本代表選手を数人抱えているグランパスで、名古屋からも近い長居なので、グランパスサポーターがゴール裏だけでなく、バックスタンドにも詰めかけていました。
それもあって観衆は13000人を超えました。

布陣はこんな感じ。
アドリアーノ選手は負傷していて播戸選手が先発。
好調のグランパスだったので、3バックかと思ったけど、4バックでした。

   播戸
 香川 乾 家長
 羽田  アマラウ
尾亦 上本 茂庭 高橋
  金鎮鉉
(控え)
松井、藤本、酒本、黒木、石神、丸橋、小松

前半はグランパスの高いポゼッションになかなか自分たちのリズムを作れないセレッソ。グランパスは早々にマギヌン選手が負傷でひっこんでも替わりに出た小川佳純選手も遜色ないパフォーマンスを発揮してた。・・・というか全日本に選ばれてもおかしくない彼がサブにいるんやからグランパスは層が厚い。中3日は影響しないと思いました。
右SBの田中隼磨(はりま)選手も昨年はどうなんやろと思ったけど、今は他選手との連係もフィット。日産(Fマリ)からすっかりTOYOTAの人に(笑)
ただ怖いのはセットプレーだった。どっからでもセットプレーで点とれまっせ雰囲気がぷんぷん。でも事なきを得る。
前半は0−0で折り返し。

後半はグランパスが多少前目になったこともあり、セレッソ側のポゼッションも多少高くなる。家長選手はこの日もセンスの高いパスとポジショニングを披露してました。ほれぼれします(笑)
あんなの教えられるもんやなくて、センス、センス。
セレッソに来てやっと「開花」したか。
その家長選手が起点になって、チャンスが産まれた。
アマラウ選手からのロングシュートにはGK楢崎選手が混乱してた。
他にも惜しいシュートがあったが、GK楢崎選手の好セーブにより防がれてしまいました。
後半26分ごろにはこの日はプレスもして疲れの見えた播戸選手から小松選手に交代しました。そして詳しい時間帯は忘れましたが、小松選手が突然変異した動きを見せました。それはとてもドウモウな動きで、今までの彼の脚さばきから想像もできないものでした。そして彼はPA内にまで攻め入り、楢崎選手と対峙するとこまで進みましたが、ここで彼がコケてしまい、自滅。スタンドからの笑いを誘っていました。

この日も守備陣は4バックだったけど全体として安定していたと思います。羽田選手が全体と統率し、ここでは茂庭選手の機転を利かせた働きなどで、失点が免れていました。3バックでもばたばたしていたときあったし、4バックのほうが今のチームに合うんじゃないかと思いました。
ただ左SBが尾亦選手がさくさくやられていたので、尾亦選手は早々に替わるかと思っていたら、なかなか替えられず、替わったのは後半ロスタイムに入る直前。尾亦選手から替わったのはこの日はJリーグデビューだった丸橋選手でした。そして替わった直後に自らの軽率な(といえば出たての彼に酷だが)プレーからFKを献上、それがグランパス側から見て右サイドの深い位置(だったと思う)だったのですが、シュートを放った玉田選手のボールはアマラウ選手のアタマをかすって入ったように見えました。公式記録は玉田選手の得点だったですが、ロスタイム直前で痛恨の失点でした。アタマをかすったアマラウ選手は責められへんかと思いました。
尾亦選手から丸橋選手に替わって、ちょっとしたタイムラグがあって、乾選手から本来の左サイドの石神選手にスイッチしました。

(後半45分ごろ)
   小松
 丸橋 香川 家長
 羽田  アマラウ
石神 上本 茂庭 高橋
  金鎮鉉
(控え)
松井、藤本、酒本、黒木

それにしても、あの選手交替はあまりにもタイミングが悪すぎでした。しかも、あの状況で尾亦選手からJの舞台が初めてという丸橋選手へのスイッチは酷ではないかと。まあこの日のことが彼の糧になればいいかと思いますが。


試合としては勝てててもおかしくない試合でした。
楢崎選手の流石全日本と思わせる神業に近いセービングでしたが、あのキレキレの楢崎選手からゴールマウスをこじ開けるのは容易ではないと想像できましたが、セットプレーで相手の高さには不利なのは試合前からわかっていたことなのやから、もう少し工夫がなかったかな?と思いました。

◆4月25日 大阪長居スタジアム(長居陸上競技場)

C大阪 0−1 名古屋
(前半0−0)
(後半0−1)

【得点者】玉田(名古屋)

入場者数:13,867人

リンク:試合結果@J's GOAL