a6f5b04f.jpg23d69256.jpgaf48c03f.jpg


5日水曜日は、まず長居陸上競技場でのセレッソ対アントラーズ戦へ。
この試合は、遠方からなかにしさんご夫妻が来られるというので、試合開始2時間前に待ち合わせて入場しましたが、入場列がとても長く、入場するのに20分以上かかりました。

好天のゴールデンウィーク中であるのと、相手がアントラーズということもあり、多くの観衆を集めたのだと思います。
結局入場者数は20000人を超えました。

この日は前座試合として、セレッソ大阪OBチームvsスワーブスが行われていました。森島アンバサダー、西谷正也氏のほかスタジアムDJの西川大介氏、対戦相手のスワーブスには奥大介氏が出場していたようでした。因みにセレッソOBチームの監督はマスコット(着ぐるみ)のロビーだったようです(笑)

可愛い女子に挟まれご満悦の”ロビー監督”の写真がJ's GOALに掲載されていました。

リンク:http://www.jsgoal.jp/photo/00061400/00061404.html

試合直前にアントラーズサポーターであるなかにしさんの奥さんは、アントラーズ応援席に移動されました。

本日の布陣は以下の通り。
3バック(または5バック?)でいくかと思っていたんですが、4バックでした。

 アドリアーノ
香川  乾  家長
 羽田 アマラウ
尾亦 上本 茂庭 高橋
   金鎮鉉
(控え)
松井、酒本、藤本、清武、石神、播戸、小松

試合のほうはアントラーズががちがちに来るわけでなく、セレッソが積極的にボールをもち、アントラーズがカウンターを狙う展開。
その中盤からのパスカットからアントラーズの速攻が早かったけど、セレッソのDF陣は茂庭選手を中心に冷静に対処してました。体を張るだけでなくポジショニングも的確。ほぼノーミスだった。
ほぼというのは、後半の失点。
あと、その失点の前に決定的失点の場面があったけど、興梠選手のシュートを金鎮鉉選手が防ぎ、事なきを得ました。その直後に先制ゴールだったのですが。

攻撃陣は家長選手がこの日も冷静なパス配球を披露。
ポジショニングも確かだし、相手の厳しいタックルにも臆することなく、フィジカルの強さも見せてました。
今のチームで重要な選手になったと思いました。
ほれぼれしまっせ(笑)
この家長選手を起点に得点機がいくつかありましたがゴールはならず。
後半20分にアドリアーノ選手が負傷し、小松選手と交替しました。

先制ゴールは後半20分過ぎ。
前述の興梠選手の決定的シュートを金鎮鉉選手が防いだ後のカウンターから。乾選手からボールを受けた香川選手がPA内で仕掛け、最後は自らシュート。相手DFは3人いましたが、その3人を越すようにっボールを浮かせ、シュートを決めました。
全日本の岡田武史監督が視察に訪れていたようですが、全日本W杯メンバー選出へ向けて、この試合が”ラストチャンス”だったのですが、ええアピールになったかと思います。

その後、前述の失点で同点に追いつかれるも、後半31分に勝ち越しゴール。
アントラーズGK曽ヶ端選手からの低いボールを狙っていたアマラウ選手が拾うと、そのままシュート。相手DF陣は反応できず、そのままアントラーズのゴールマウスに突き刺さりました。相手の隙を突いた見事なゴールでした。

その後は、冷静にアントラーズの攻撃を凌ぎ切り、勝ち点3を獲得しました。

5cfae64f.jpg156047fa.jpg


私は次があったので、試合終了直後に会場を後にしたのですが、場内向けヒーローインタビューに呼ばれたのは茂庭選手だったようです。
彼を中心にあのアントラーズ相手にほぼ完璧に守りきったのは評価に値するし、今後の自信(過信でなく)になればと思います。

◆5月5日 大阪長居スタジアム(長居陸上競技場)

C大阪 2−1 鹿島
(前半0−0)
(後半2−1)

【得点者】香川、アマラウ(C大阪)野沢(鹿島)

観衆:21,761人

リンク:試合結果@J's GOAL



(2010.5.6 8:10追記)
一部文言を削除しました。