6059e08f.jpg5日水曜日は、長居でのセレッソ×アントラーズ戦の後、万博記念競技場でのガンバ対フロンターレ戦へ。

長居のセレッソ戦の後、一旦帰宅し、マイカーで万博公園へ。
南駐車場は満杯で隣接の「南第2駐車場」に駐車。1200円。
前売りチケットはほぼ完売だったという。
「高槻市民デー」とかあって、ぎっしり満杯の万博でした。
長居とは云わないけど3万くらいのキャパだったら、ゆったり拝めるのかと思いました。

この日の大阪は暑く蝕むほどでしたが、日が暮れた千里万博公園は、気温が高いものの、風が強く吹き込んで、半袖では肌寒かったです。

ガンバ対フロンターレはともに攻撃的チームなので、戦前から愉しみでありました。ともにACLに出場し、過密日程でコンディションダウンが心配していましたが、キックオフしてみると、ともに持ち味を生かした攻撃を愉しめました。
ガンバはパス回しから得点機を伺う。フロンターレは速攻へ前線に配球するスタイルやったですが、フロンターレはFW鄭大世選手の動きに精彩を欠いていました。コンディションがイマイチだったように思いました。

先制したんはガンバ。
前半30分過ぎに右サイドからの遠藤選手からの柔らかいクロスボールがに宇佐美選手が反応し、頭でフロンターレゴールに押し込みました。
その後、フロンターレは右サイドを崩し、黒津選手を介して、最後は森選手が決め、同点に追いつき、前半は1−1で折り返し。

後半は激しくゲームが動きました。
ガンバは二川選手、ルーカス選手にゴールが産まれ、2点リードを奪いましたが、このまま試合が終わるとは思いませんでした。
フロンターレは後半途中から2バックに3トップという超攻撃的な布陣でした。
森選手、小宮山選手は明らかに中盤の位置に挙がっていました。
その布陣は突然決めたようでなく、何度もチーム練習をこなしているように見えました。選手同士の連係が悪くなかったのでそう見えました。
そしてフロンターレは鄭大世選手に替え、楠神選手を投入してきました。
その楠神選手は私は知らなかったのですが、セレッソの乾選手と同様に「セクシーフットボール」の滋賀県の野洲高校の出身なようです。
フロンターレは楠神選手が投入されたとたんに相手の裏をかく攻撃に楠神選手が嵌り、2得点。あっという間に同点に追いつきました。
フロンターレがゴールを決めたとき、一部を除き、静まりかえる万博スタンドが印象的でした。
しかし、その直後に、ガンバは明神選手のミドルシュートで4−3と勝ち越したんですが、後半40分前くらいに、楠神選手にまたもゴールが飛び出し、4−4。楠神選手はJリーグ初ゴールにして、ハットトリックまでやっていまう快挙でした。

試合自体は、ノーサイドの打ち合いになりましたが、悪質なファウルはなく、互いの持ち味を生かした高いレベルの試合でした。
両軍のサポーターは勝ち点3が獲れなかったことが残念でしょうが、第三者な私にとっては試合内容に満足して会場を後にしました。

5d98bea7.jpg


◆5月5日 万博記念競技場

G大阪 4−4 川崎
(前半1−1)
(後半3−3)

【得点者】宇佐美、二川、ルーカス、明神(G大阪)森、楠神3(川崎)

入場者数:20,317人

リンク:試合結果@J's GOAL



おまけ
万博ガンバ戦のフードコートが何年前から充実してきてて、たこ焼きチェーンの「道頓堀くくる」も出店しています。
試合後、帰路につく際にメインスタンド前に出店している「道頓堀くくる」のたこ焼き(500円)を買って帰りました。

07e82c5d.jpg875cd6d1.jpg



外はかりかり、中はとろっとした具のたこ焼きでした。
大型やったので、爪楊枝でなく箸で頂戴するんですな。

本店は道頓堀の大阪松竹座前で大阪のあちこちのデパ地下にも出店しているので、今度はガンバ戦関係なしに買って帰りたいと思いました。

リンク:道頓堀くくる@白ハト食品工業

(2010.5.9 12:28追記)
文言、スコアに誤りがあったので、直しました。