大阪というか関西で屈指の音楽ホールであった「大阪厚生年金会館」が今年3月に閉館しました。
年金事業が社会保険庁から機構に移行されるのに伴い、2年前に民間に売却されることが発表されてから、キャパ2000人超の音楽ホールの閉館を惜しむ方達による会館の存続を求める署名が14万も集まったことで、閉館が先延ばしされていたんですが、この3月に閉館。その為、毎年この会場で開かれていた「笑福亭福笑独演会」は今年は御堂会館での開催に。

今後は施設を買い取った「オリックス不動産」によって、耐震補強など工事が行われて、来年2011年に再オープンするようです。公的施設の売却先には「オリックス」の名前が挙がっているよなあ(笑)

リンク:
「大阪厚生年金会館」閉鎖危機 庶民文化の殿堂署名14万運動へ発展期待@読売新聞
大阪厚生年金会館 大ホールは存続、他施設は取り壊し@大阪日日新聞
オリックス不動産プレスリリース(pdf形式)