12日の公開初日のレイトショーで観てきました。
レイトショーであったが、公開初日ということで多くの観客が詰めました。
北野武監督作品っていつも空いてたし(笑)、しかもレイトショーやと思って空いているかと思いましたが、甘かった。

作品は全編バイオレンスで目を覆いたいシーンもあった。最後まで緊張感をもって見られましたが、ときに緊張を緩和するシーンもあって、そのへんのバランス感覚は流石やった。

そして今までのステレオタイプにないいろんなパターンのヤクザが見られ、悪人の設定が多々。
椎名桔平氏は最後までセクシーやったし、三浦友和、北村総一朗、小日向文世の各氏に関しては狡猾な面を見せて、恐ろしかったな。

outrage02


その中で加瀬亮氏は、見た目は決めて「キレたら恐い」感じを見せてたけど、声に凄みが感じられなかったのが惜しい。

あと冒頭に出てくる坂田聡氏が印象に残ってて好演(北野監督の演出が凄いのやろうけど)やったです。

まあ、スジ云うとおもろないので、劇場で愉しんで下さい(微笑)


リンク:
「アウトレイジ」公式サイト
『アウトレイジ』北野武監督 単独インタビュー@シネマトゥデイ
『アウトレイジ』で組長役の國村隼が語る北野流撮影術