きょう、通勤帰りに聴いたABCラジオでプロ野球交流戦を振り返る番組をやってて、その中で松崎しげる氏が歌う『地平を駈ける獅子を見た』を聴きました。
題だけ聴くとなんの曲やねんと思うでしょうが、埼玉西武ライオンズの応援テーマ曲です。
西武ライオンズ(当時)が毎年優勝していたとき、西武百貨店での優勝記念セールの店内でエンドレスでかかっていました。店の中にずっと居たら覚えまっせ(笑)

番組でこの曲を知っているのは女性アシスタントだけだった。その女性アシスタントは西武百貨店に行くので、通った(かよった)優勝セールで憶えたのだろうな。でも司会の男性アナウンサー氏やコメンテーターの野球解説者(タイガースOB)氏は知らないと云ってました。
関西で西武の店があるのは、大津、高槻、八尾・・・大阪都心にないし、マイナーやからやろうな。

松崎しげる氏は楽曲の熱唱だけでなく、作詩、作曲もと思ってたら、違ったようで。作詩は阿久悠氏、作曲は小林亜星氏という。ゴールデンコンビやな。溌剌としてたなあ。
じっくり聴くと名曲だと思いました。