富士通と東芝は携帯電話機事業を統合することで合意したという。
実際は東芝が携帯電話機事業を富士通に売却するようだ。
東芝自体はヒット製品がなかったので、見切りを付けたのかな?

富士通といえば、その昔「フロンターレケータイ」なる製品を製造し、販売していたことがあったが、今のFOMAになっても売っているのだろうか?
以下、ITMediaより。
===
富士通と東芝は6月17日、携帯電話事業を統合することで基本合意したと発表した。7月末をめどに最終的な契約を締結。10月1日をめどに新会社を設立し、東芝の携帯電話事業を移管した上で、富士通が新会社の株式の過半を取得する。
 統合により開発基盤を強化し、競争力ある端末を開発、国内シェアナンバーワンを目指す。両社の技術を融合し、スマートフォン市場に競争力の高い商品をタイムリーに提供するとしている。
 富士通はNTTドコモ向けに端末や携帯電話プラットフォーム技術を提供しており、防水防塵・指紋センサーなど独自機能が売り。東芝は KDDI(au)を中心に、ドコモ、ソフトバンクモバイルにも端末を提供しており、映像技術やスマートフォン技術、海外生産によるコスト効率が強みとしている。
===

リンク:富士通と東芝が携帯電話事業を統合。@ITMediaニュース