26日土曜日は梅田・太融寺(たいゆうじ)本坊での桂千朝さんの落語会へ。


84b4254c.jpg7ef65433.jpg

太融寺に昼間に訪れるのは初めて。
結構広い境内だったなあ。

落語会の会場は真新しい2階建ての本坊の2階の講堂で。本坊はお寺ぽくなく、大きな集会(講話)に仕えそうだ。

料金は1500円(当日のみ)。

全席イス席。200人以上入っていたんじゃないかなあ?
通のお客さんばかりな雰囲気やった。口演中、変な間合いで笑い声が聞こえんかったし。

この日の演目は以下の通り。

馬の田楽』桂吉坊
蛸芝居』桂千朝
欲の熊鷹』笑福亭三喬
花筏』桂千朝

※中入りなし。

午後2時の開演。
二番太鼓には笛なし。

トップバッターは吉坊さん。通な観客ばかりの前なので携帯電話OFFの確認をお願いする際は「みなさんわかっていらっしゃると思いますが…」。
『馬の田楽』はあほな子供を好演。吉坊さん自身は頭が切れる人なんで地じゃなくて。

千朝さんの一席目は『蛸芝居』。スローペースでじっくり。
蛸がすり鉢を持ち上げるシーンはあっさりと。

ゲストの三喬さんは『欲の熊鷹』。初めて聴く噺。最後のサゲのどんでんが快かった。

千朝さんの2席目は『花筏』。マクラでは今タイムリーな大相撲の話題について軽く。噺自体は相撲部だった楽珍さんの『花筏』のほうがよかったなあ。

1時間45分ほどで終演でした。