21日のアントラーズ×セレッソ戦は自宅でテレビ中継を”観戦”。
土曜日なんで明日のこと考える必要ないので、頑張ればカシマまで遠征できたんだろうけど、甲子園の決勝を見たかったので、結局、遠征はやめました。

メンツは次の通り。
前節出場停止だったアマラウ選手が復帰。

   アドリアーノ
  清武 乾 家長
 マルチネス アマラウ
丸橋 上本 茂庭 高橋
    松井
(控え)
丹野、羽田、藤本、酒本、石神、播戸、小松

試合は序盤はアントラーズペース。一度決定機を作られたが、大迫選手のミドルは枠を外れ、事なきを得る。
その後はセレッソがペースを握り、セレッソ前線の細かいパス交換にアントラーズのディフェンスが対処出来てない様子が見受けられた。しかし先制ゴールまでは行かず、前半0−0で折り返し。

後半もセレッソペースで先制ゴールは後半10分。
右サイドの高橋選手から中央の家長選手とのパス交換の後、高橋選手は右サイドを駆け上がる乾選手へパス。乾選手はアントラーズDF陣の裏をついて、ゴールマウスのニア(手前側)にシュート。シュートはGK曽ヶ端選手を弾いた後ゴールマウスに吸い込まれました。とても角度のない位置からのシュートでセオリー外であったんですが、ポテンシャル高い乾選手らしいゴールでした。

先制後もセレッソペース。この日のセレッソは攻守のバランスがよかったように思います。とくにCFの二人(茂庭選手と上本選手)の献身と攻守のバランスの調整役にマルチネス選手の存在が機能していました。

後半に決定的失点場面があったのですが、そこでは茂庭選手と上本選手の二人で、中に走り込んだ興梠選手を挟み込み、シュートミスを誘っていました。現在セレッソがリーグ最小失点なのは彼らの奮闘なしには語れません。

その後の選手交替も適切で最後まで試合を支配。結果、連覇中のアントラーズから勝利を得ることができました。
試合終了直後、選手たちは小躍り。歓喜の輪ができていました。

この日のカシマスタジアムには多くのセレッソサポーターが訪れたようで、中継のマイクにはセレッソ応援のコールが途切れることなく入っていました。アウェイの中、選手たちも心強かったことと思います。

0fd7fb7d.jpg


試合後のクルピ監督、興奮しきってたなあ(微笑)

63357123.jpg634270c5.jpg



結果、21日時点で「暫定2位」です。リーグ序盤や香川選手が抜けた直後のナビスコ杯での連携が合わないときには考えられないこの位置ですが。まあこのまま好調が続くことも考えていませんが。

◆8月21日 県立カシマサッカースタジアム

鹿島 0−1 C大阪
(前半0−0)
(後半0−1)

【得点者】乾(C大阪)


リンク:試合結果@J's GOAL



(2010.8.22 23:32追記)
上記、一部語句をなおしました。