大阪は西長堀にある「あみだ池 大黒」の本店です。
「あみだ池 大黒」は大阪の伝統あるお菓子「粟おこし」「岩おこし」の老舗です。
6c0b84bd.jpg

「粔籹(おこし)」とは米を細かく砕いて飴や生姜などを混ぜて固めてあるお菓子のことで、大阪以外にも東京の「雷おこし」とか全国にあります。
ただ「おこし」って、しっかり固く拵えてあるので、若い人が好むやろか?と思う。大阪土産で「粟おこし」「岩おこし」を買ってかえる人がどれだけおるのかと思う。

私自身は東京に住んでいたときは大阪土産には「おこし」より「生八つ橋」を買って帰ってました(爆)

「あみだ池大黒」の本店は落語の舞台でもある「あみだ池」和光寺の近く。創業は1805年で200年を超える老舗。長堀川畔あみだ池に店を開いた初代は諸国から蔵屋敷に運ばれる米を積んだ船の船底に溜まった米を安く買い取っておこし作りをはじめたそうです。

大阪で「おこし」といえば、「あみだ池大黒」のほか「二ッ井戸 津の清(ふたついど つのせ)」が有名かと思います。

「あみだ池大黒」の「大阪おこし」の1050円のセットには「粟おこし」「岩おこし」のほか「黒豆おこし」が入ってました。黒豆入りでした。昔懐かしい甘さ・・・ちょっと甘さ控えめでもええかと思うのですが、個包装になってて職場で配りやすいし、米菓なので軽いので、土産としては最適品やと思います。

02733886.jpg


「大黒」も「津の清」も新大阪駅とか大阪空港、関西空港の売店でも置いていると思います。高速道路のSAで置いているかはちょっとわからんですが。
関西以外のかたも大阪へこられたときは、いっぺん試してみて下さい。

まあ固いと思ったら、暑いお茶につけて食べたら柔らかいですよ(笑)

リンク:
あみだ池大黒
二ッ井戸津の清

「あみだ池大黒」本店の裏には蔵が一軒建っているのですが、その蔵には多くの大黒像が所蔵されているようで、65年前の大阪大空襲では店舗、工場は全焼したそうですが、大黒像を所蔵をしていたその蔵だけ焼失を免れたのだそうです。大黒様のおかげなんでしょうか?

リンク:大黒ギャラリー – あみだ池大黒公式サイト

(2020.8.9 13:00追記)
写真サイズを多くし、改題。リンクを改めました。