知人との歓談の中で、「大阪の緑が少ない」という話になった。
東京は緑が多い。都心部は皇居から迎賓館、東宮御所をはじめとする御用地に、神宮外苑、新宿御苑。そして嘗ての大名屋敷の庭園がホテルや大使館の敷地などで残っていることが大きいと思う。

比して大阪の緑が少ないのは、「大坂城」以外は商家や大名の蔵屋敷が中心。
蔵屋敷は今でいえば「物流倉庫」であって、蔵屋敷を所有する藩としてはその機能を満たせれば、緑はいらんとなる訳で。植樹されなかったんやろね。
ただかつての大阪は市中に堀が巡らされていたので、その堀を風が通ったときは幾分かは涼しく感じたのではないかと思いますが、今はそれが埋め立てられ、道路になったもんだから、ホンマに暑い、暑い。

参考リンク:
Nakanoshima-Style.com <中之島今昔物語 −江戸期の中之島−>