NHK朝ドラ『ゲゲゲの女房』の8/16〜21の週の回をまとめて視ました。
この週は「終戦記念日」を迎えた後の週ということで、水木さんの戦争体験のエピソードについて触れられていました。

水木さんの自伝『ほんまにオレはアホやろか』でも触れられていましたが、南洋のラバウルへ送られた水木さんが属した部隊は全滅。水木さんは命からがら難を逃れたという。生存者は100名ほどいたそうですが、発表は「総員玉砕」。つまり生きていてはいけない兵士たちだったそうな。
その後水木さんは病気に罹り、野戦病院で療養中に爆弾が直撃。片腕が飛ばされたそうです。

水木さんの自伝で読んだことをドラマで再現していました。向井理(むかい・おさむ)さんが懸命に演じていたと思います。

それにしても「生きていてはいけない兵士」なんて人間以下の屈辱であると思います。
水木さんの漫画『総員玉砕せよ!』のあとがきで、怒りがこみ上げる言っていたのはというのは人間以下の扱いを受けたことも影響あるんじゃないかと思いました。

リンク:
連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」@NHK
『総員玉砕せよ!』水木しげる・作@MASARUのブログ
『ほんまにオレはアホやろか』水木しげる・著@MASARUのブログ


以下、amazonへリンクしています。

ほんまにオレはアホやろか (新潮文庫)
ほんまにオレはアホやろか (新潮文庫)
クチコミを見る


総員玉砕せよ! (講談社文庫)
総員玉砕せよ! (講談社文庫)
クチコミを見る
総員玉砕せよ!―戦記ドキュメント (SHUEISHA HOME REMIX)
総員玉砕せよ!―戦記ドキュメント (SHUEISHA HOME REMIX)
クチコミを見る