浦和×C大阪16日土曜日は、埼玉スタジアム2002でレッズ×セレッソ戦がありました。
画像は会場の知人からのもの。

この試合のスカパー中継担当が「TBS」だったので、ハナから録画することもしなかった。あの酷いレベルの中継の実況を聴かされるだけで苦痛が伴う(苦笑)。関東ローカルでの地上波無料放送ならともかく、有料放送スカパーに出すレベルやない。

当然、詳しい試合内容は分からないのだが、スタッツを見ると、シュートは10本とレッズの6本より上回ったのに、結果は0−2。
レッズの選手の決定力が素晴らしかったのだろう。

試合後のクルピ監督の「負けて当然」のようなコメントから想像するのに、此処の接点での球際や走りきる力などに大きく差が出たのかもしれない。

現地で観戦した知人からも詳しい試合内容は聞いてないけど「完全アウェー」を体験したのこと。応援、雰囲気だけでない試合自体にも触れたことなのか?

因みに浦和レッズホームゲームでは対戦相手チームのことを「アウェイ」でなく「ビジター」と呼んでいるようで。

◆10月16日 埼玉スタジアム2002

浦和 2−0 C大阪
(前半1−0)
(後半1−0)

【得点者】エジミウソン、原口(浦和)

リンク:試合結果@J's GOAL