23日土曜日はキンチョウスタジアム(長居球技場)でのセレッソ大阪×ベガルタ仙台戦へ。
C大阪×仙台@金鳥スタ(ホーム)C大阪×仙台@金鳥スタC大阪×仙台@金鳥スタ(アウェイ)
この日は大阪は晴れていましたが、キックオフの午後5時頃には曇天。正直もつかと思いましたが、雨は降らなかったです。

メンバーはこの不動の布陣。

  アドリアーノ
  清武 乾 家長
マルチネス アマラウ
丸橋 上本 茂庭 高橋
    松井
(控え)
丹野、羽田、藤本、酒本、石神、播戸、小松

試合は前半からセレッソが主導権。というべきか圧倒的にセレッソが攻め、ベガルタからそのカウンターを受ける・・まあ戦前から予想された展開。とくにベガルタはきっちり勝ち点狙いが主題であったように思う。
セレッソのディフェンダー陣は流石の仕事ぶりで梁勇基選手を封じてました。フェルナンジーニョ選手には茂庭選手が「キミ、僕がついているから仕事させないよ」を云わんばかりにマーク。セレッソ側から見て大きなピンチはなかったです。

攻撃陣はアドリアーノ選手は最後まで獰猛な動きを見せ、観戦した我々を愉しませてくれました。
獰猛アドリアーノ-1獰猛アドリアーノ-2獰猛アドリアーノ-3

アドリアーノ-2


ミドルシュートもあって、シュート数ではベガルタを圧倒したのですが、ゴールマウスに沈めることができず。ベガルタGK林卓人選手の再三の好セーブもあったり。
林卓人好セーブ


3シャドーの連係がイマイチだったのように思います。
ここの動きは悪くないのだけども。
家長選手が動いて欲しい場面もあったけど、後半運動量落ちてからは特にボールを持っていないときは動かんのです。まあこのへんがガンバ西野監督が彼を先発に積極的に起用しなかった理由になるんだろうけども(苦笑)

後半も積極的に攻めるも、ベガルタの堅い守りをこじ開けることができず。後半30分過ぎてから乾選手から小松選手に交替。トップでなく2列目な位置。

(後半34分)
  アドリアーノ
 小松 家長 清武
マルチネス アマラウ
丸橋 上本 茂庭 高橋
    松井
(控え)
丹野、羽田、藤本、酒本、石神、播戸

パフォーマンスはいつもの通りでしたが(苦笑)。因みにTBS解説者のかた、小松選手の「背が高い」のだけ見て、彼を「ポストプレーがうまい」選手などと勝手に想像しないで下さいな(笑)

此の試合は審判団が外国人のかたばかりという珍しいケース。
よってカードの出し方も変で、マルチネスが一枚頂戴して次節のグランパス戦(10月30日、豊田スタジアム)が出場できなくなりました。

マルチネス


他、小松選手も抗議してしましたが、状況を見て冷静に対応してもらわねばと思います。審判への好印象も試合をスムーズに運ぶ一つの手ですので。
審判団


◆10月23日 大阪・キンチョウスタジアム(長居球技場)

C大阪 0−0 仙台
(前半0−0)
(後半0−0)

【得点者】なし

リンク:試合結果@J's GOAL

おまけ
その1
此の試合は「ニッポンハム」が特別協賛。「ハムリンズデー」でした。試合前にはマスコット「ハムリンズ」たちによる花束贈呈。

ハムリンズ花束贈呈


そして彼らの後ろ姿を見てわかったのですが背番号が「86」。
先日亡くなった親分こと大沢啓二氏の「日本ハムファイターズ」監督時代の背番号と同じだとは(笑)

ハミュー


ハムリンズは、今年の京セラドーム大阪でのファイターズ戦にも来てました。

リンク:ハムリンズ食育タウン@ニッポンハム

その2
試合後は九州から参戦されたなかにしさんも含め観戦したメンバーで「ぢどり亭西田辺店」で感想戦。
話題は多岐に亘りました。
ごくろうさまでした。
「ぢどり亭西田辺店」はキンチョウスタジアムから徒歩10分ほど。
長居より地下鉄一駅違うためか、試合後に観戦者でごった返すほどでないのがありがたいです。

リンク:ぢどり亭西田辺店@Yahoo!グルメ