15日放送のABCラジオ「突撃オフサイドトーク」というサッカー番組を聴いていたら、ゲストに山野孝義さんが出て、14日のJ1、モンテディオ山形vsセレッソ大阪の話をしていました。
その試合中に、レヴィー・クルピ監督の通訳を務める「ガンジーさん」こと白沢敬典さんが退場になってしまったらしい。
なんでも主審の不可解な判定にクルピ監督が怒り心頭。食ってかかろうとしたのを見た白沢さんが「ここで監督を退席させてしまったら、試合がコントロールできなくなってしまう」と監督の前に出て、猛然と抗議し、退場処分となってしまったようで。
#私はテレビ中継を見てないので、詳細はわかりません。悪しからず。

そのため、試合後のクルピ監督のインタビューや会見は別の通訳さんが担当されたようです。

不可解なレフリングや小林伸二監督の策にかかってしまったセレッソは土壇場でドローに追いついたと思います。それも白沢さんのアクションで、クルピ監督が退場とならなかったことが大きいでしょう。

気になるのが、次の天皇杯や20日のF・マリノス戦に彼がクルピ監督の隣で通訳の仕事ができるのか? 1試合ほど出場停止になりそうな。

以下の画像は昨年のヴェルディ戦@味スタの試合後のクルピ監督と白沢さん。
a7169594.jpg


リンク:白沢 敬典(シラサワ タカノリ)Takanori SHIRASAWA | セレッソ大阪公式サイト