毎週水曜日に朝日新聞・夕刊(大阪本社発行分)に掲載されている「ハナシの話」の11月17日分は桂九雀さんで『宿屋仇』でした。

この噺のラストで、侍が泊まった宿屋の隣り部屋で3人組が騒ぎ、眠れないのでを侍が嘘を云うて、隣の部屋の3人組を静かにさせ、翌朝に「嘘や」といってそれまでの緊張を緩和させるシーンが好きです。

よく旅行とかいろいろなシーンで大勢の客と隣り合わせになって、そのマナーの悪さにイライラすることがありますが。

まあとても痛快なシーンであります(笑)

かつて関西テレビで放送されていた「痛快!エブリデイ」の月曜日にベテランの男性芸能人がトークする番組があるんですが、そちらに出ていた桂ざこばさん、桂きん枝さん、中田ボタンさんが繰り広げるトークがときにかしましく聞こえ、この噺の3人組を連想させました。
司会だった南光さんは伊八が似合いそうな。

九雀さんは10年前からこの噺を高座にかけられている(口演している)そうで。ぜひ聴いてみたいものです。