朝日新聞によると、小説家で東京都知事の石原慎太郎さんが、漫画やアニメでの違法な性行為を禁止する「東京都青少年健全育成条例の改正案」の都議会提出を決めたようです。
新たな改正案では、強姦(ごうかん)など刑法に触れるような性行為や、近親相姦など著しく社会規範に反する性行為を「不当に賛美、誇張」した漫画やアニメについて、18歳未満への販売規制の対象とするという。

前回提出分に比べて対象の改正があったが、その中で「不当に賛美、誇張」したとする基準をどこで区別するのがわからない。

いくらでも解釈を変えられるかと思う。

『太陽の季節』もひっかかるのだろうか?

以下、朝日新聞より。
一部の携帯電話などではご覧いただけません。



以下、Amazonへリンクしています。

太陽の季節 (新潮文庫)
太陽の季節 (新潮文庫)
クチコミを見る