23日に川崎市の等々力陸上競技場で行われた川崎フロンターレ×セレッソ大阪戦は、現地へ往かず、スカパーでの生中継を視聴。
メンバーは以下の通り。
丹野選手がGKの控えに。

  アドリアーノ
 清武 乾 家長
マルチネス アマラウ
丸橋 上本 茂庭 酒本
    金鎮鉉
(控え)
丹野、羽田、藤本、石神、小松、播戸、永井

前半から激しい攻防。ややフロンターレが押していたが、フィニッシュの精度やGK金鎮鉉選手の好セーブで事なきを得ました。前節と比べ彼のプレーに不安定なところは見られませんでした。
ただ、ジュニーニョ選手の飛び出しは恐い。
試合前に万博と同様に水が撒かれていたという等々力。ややスリッピーな芝に対してセレッソは細かくシンプルなパス回しで対応していましたが、シュート自体は精度を欠いてました。

前半はスコアレスでハーフタイム。

後半アタマから、クルピ監督は選手交替を指示。
アマラウ選手に替え、小松選手を投入。家長選手を1つ後ろに下げる布陣を敷きました。

(後半0分)
 小松 アドリアーノ
  清武   乾
マルチネス 家長
丸橋 上本 茂庭 酒本
    金鎮鉉
(控え)
丹野、羽田、藤本、石神、播戸、永井

小松選手の投入により、フロンターレのディフェンスのポイントをずらすのが目的だと思いましたが、それが当たりました。

先制ゴールはその小松選手が決めました。
後半10分過ぎに、酒本選手からの右クロスに小松選手が(本来の得意技でない)ヘディングでフロンターレゴールにボールを押し込みました。
後半23分にはフロンターレのミスからカウンターアタック。
自陣で相手からボールを奪ったアドリアーノ選手が一気にトップギア。相手のタックルも負けずに一気にフロンターレゴール前へ。そして冷静に決めました。50mほどの独走トライ(ではなくゴール)でした。
その後、3点目を狙ってほしかったが、逆にフロンターレの攻勢に受けに回ってしまったセレッソ。
ヴィトールジュニオール選手に1点を返される。

失点直後に清武選手から永井選手へ。

(後半36分)
 小松 アドリアーノ
 永井   乾
マルチネス 家長
丸橋 上本 茂庭 酒本
    金鎮鉉
(控え)
丹野、羽田、藤本、石神、播戸

さらに後半ロスタイム寸前で、藤本選手を投入。

(後半45分)
 小松 アドリアーノ
 永井   乾
マルチネス 家長
丸橋 藤本 茂庭 酒本
    金鎮鉉
(控え)
丹野、羽田、石神、播戸、永井

焦るフロンターレ相手にロスタイム5分を冷静にボール回しで消化し、1点を守りぬきました。

試合終了の瞬間はセレッソベンチ前は歓喜に涌いていました。

勝利!小松塁


個人的には、J2時代にこの等々力での天皇杯でフロンターレと対戦。
相手のサポーター達にセレッソの高い攻撃力を評価されながらも、結果は0−3で敗戦。とても悔しい思いをしたが、今回、そのときの高い評価に結果で応えることができたのは嬉しいです。

◆11月23日 川崎・等々力陸上競技場

川崎 1−2 C大阪
(前半0−0)
(後半1−2)

【得点者】小松、アドリアーノ(C大阪)ヴィトールジュニオール(川崎)

リンク:試合結果@J's GOAL