先月まで放送されてた大河ドラマ「龍馬伝」について、ちゃんと触れてなかったので。
番組開始当初から「史実に反している」とかなんとかいう話が出ていたけど、それは大した問題やないと思いました。
所詮フィクションやし。

だいたい水戸黄門ならOKで、大河ドラマはダメというのがわからない。
テレビを崇高に考えすぎ。

先日のある飲み会でも「龍馬伝」の話題が出て、脚本は三谷幸喜氏の「新撰組!」ほうがおもろかったけど、今回は演出がよかったことで一致。

キャスティングも悪くなかったなあ。ただ勝海舟は「あの田舎くさいおっちゃん」でなくてもええんやないかと。坂本龍馬を語るとなると「あのおっちゃん」をださなあかんのかなあ。
勝は江戸っ子の役だし、洗練された感じやから、例えば市村正親氏がええなあとおもてたんですが、市村氏は来年の『江』のほうに出るんですな。

あと最終回の龍馬暗殺の断末魔の場面で「テロップ」が出た件について。再放送でもテロップが出てたし、報道のドラマへの嫌がらせやないのかと(笑)。
主演の福山雅治氏がtwitterでネタにしてたし(笑)。

ファンにDVDを買わしたいという意図なのか?(爆)

リンク:大河ドラマ「龍馬伝」@NHK