16日木曜日は残業を早めに切り上げて、京都は間之町通五条にある「養蓮寺」での「養蓮寺寄席」へ。
養蓮寺寄席
会場は烏丸五条交差点(地下鉄烏丸線五条駅)から五条通を東へ。3筋目で右へ折れ、間之町通を南進すると「養蓮寺寄席」と書かれた赤い提灯が目印。

お寺の2階が本堂でそこで寄席が開かれました。全席イス席で60人くらい入ればいっぱいの会場でした。
この会は笑福亭仁智さんの主宰で隔月の木曜日に開催されているようです。

この日の演目は以下の通り。

『奥野君の選挙』桂三金
仕舞『紅葉狩クセ』今井克紀
つる』森乃石松
井戸の茶碗』林家染二
『だじゃれ禁止法』笑福亭仁智

※中入りなし。

トップバッターは三金さん。
入門順からしても遅い出番な三金さんですが、この日は、テレビの収録(「扇町寄席」)があるそうで、早めの出番。
テレビの大喜利番組で見掛けるような単色の衣装で登場してたのはそのため?
次々に入ってくる観客の為に長めにマクラを振り、客をいじった後、自作の『奥野君の選挙』へ。終始選挙演説であったけど、太ったもんにしかわからんエピソードについては半分くらい共感(微笑)

次いて仁智さんと今井克紀さんが登場。
今井さんは金剛流の能楽師で、仁智さんとの微妙な間合いの掛け合い(笑)の後、舞を舞われました。

高座が高すぎて頭上の提灯に引っ掛からないかと仁智さんは心配していましたが、今井さんは腰を低い位置にしたりして、難なくクリアしていました。

森乃石松さんは『つる』。表情はほのぼのとした感じでエエ人やのに。ちょっと滑舌があんまりなのが惜しい。


林家染二さんが登場。ネタ出しされてなかたので、『井戸の茶碗』が演じられていました。
同じ上方版では桂文三さんのを聴いたことがありますが、染二さんと比べで演出の違いはわかりませんでした、面長で声が通る染二さんのほうが、侍さんを好演されていました。紙屑屋は設定年齢より染二さんの声の所為で、老けてみられてしまうのは難儀やと思いました。

トリは仁智さん。『ダジャレ禁止法』はダジャレが法律で禁止された世の中を描いていましたが、噺の後半はちょっとダレタなあ。
ただ仁智さんの笑いがツボで、抱腹絶倒だったのですが。

最後は抽選会。
私はカップ酒を頂戴しました。

次は2月17日の予定。

養蓮寺寄席-2